傷害保険はケガを対象にしている保険

保険は大きく分類すると第一分野(生命保険)、第二分野(自動車保険や火災保険等の損害保険)、第三分野(医療保険、がん保険など保険)の3つに分けられます。

第二分野である損害保険は、火災保険など主に物につける保険です。

傷害保険は損害保険会社が販売している商品で、第三分野に該当します。その名の通り傷害、つまりケガを対象にしている保険ですから病気は補償されません。

そんな傷害保険について基本的なことやその特徴、使い方、注意点などについて解説します。

傷害保険とは?

傷害保険はケガや事故を対象にした保険ですが、傷害保険の規定におけるケガの定義を確認しましょう。傷害保険においてケガというものは次の3要件を満たしているものを言います。
  • 「急激」
  • 「偶然」
  • 「外来」
つまり時間をおかず突発的に発生するもので、予測できない偶発性があり、外からの作用によるものをいわゆる「ケガ」と定義しています。

例えば日焼けなどは焼き過ぎると火傷のようになりますが、日焼けには急激性がないためケガとはみなされません。逆に料理をしていて使っていた火で火傷をした場合はケガとして対応します。

普通は私たちがイメージするケガと思っているようなことが、対象になるのだと覚えておけば問題ありません。

このようにケガを対象にする反面、良くも悪くも病気は補償されません。そのため加入の際に医療機関での健康状態の診査や告知などを必要ありません。また年齢や性別によって保険料が異なることもありません。

その代わりに職業によって保険料が異なります。現在は職業別に「A職」、「B職」と2つに区分されます。危険度の少ない一般的な職業(学生、無職者、主婦など含む)はA職です。

逆にタクシーの運転手やとび職など危険度の高い職業の人はB職になり、同じ補償の保険にした場合、A職よりも割高になります。現在では一部の損害保険会社でこの職種区分をなくして一律の保険料にしているケースもあります。

傷害保険の種類

傷害保険と言っても、実は色々な種類があります。代表的なものをいくつか挙げておきましょう。
  • 普通傷害保険
  • 家族傷害保険 
  • 交通事故傷害保険
  • ファミリー交通事故傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • 海外旅行傷害保険   など(商品名が異なることがあります)
普通傷害保険は24時間、365日補償される一番オーソドックスな傷害保険です。これと補償内容を同じくして保険の対象者を増やしたものが家族傷害保険です。本人や配偶者、同居の親族、別居の未婚の子などまで対象になります。

補償内容を交通事故に絞ったものが交通事故傷害保険、これの家族タイプがファミリー交通傷害保険です。家族タイプの保険も昨今のライフスタイルの多様化に合せて例えば配偶者を補償しない(シングルマザー、シングルファザー向けなど)プランも選べるようになっています。

次ページでは傷害保険と保険金、そして傷害保険金が支払われるとき・支払われないときについて解説>>