入浴で食欲を抑え、体を引き締めるコツ

メリハリボディをGET!
毎日のバスタイムをちゃっかり活用して無理なく理想のメリハリボディをGET!
お腹が空いてどうしようもない時、熱いお風呂に入ったり、コーヒーを飲んだら空腹感がなくなったという経験ありませんか? 食欲って実はちょっとした工夫だけでも抑えることができるのです。これからの季節は、食べたり飲んだりする機会が増えるので、食欲コントロールと効率的なカロリー燃焼が体型管理の大きなポイント。そこで、今回は食欲を上手に抑えるコツとハイドロセラピーエクササイズ(お風呂)を組み合わせた最強のボディメイクプログラムをご紹介します。

まず始めに、体を芯からしっかり温めて新陳代謝を活発にします。時間帯は夕食前がベスト、このタイミングを狙えれば胃が不活発になって空腹感が薄れます。理由は、体が温まると血液が皮膚に集まるので胃の動きが不活発になるため。では、まず基本となる入浴手順から解説していきましょう!

新陳代謝がグッと高まるハイドロセラピー入浴法

<"お風呂がフィットネススペースに"
いつものお風呂が使い方次第で機能的なフィットネススペースに変身!
今回ご紹介するハイドロセラピーエクササイズでは、少し温度を高めの42℃に設定し、1回の入浴でだいたい300から400カロリーのエネルギー消費を目指します。そのため、お風呂で行うエクササイズはゆっくりとしたアイソトニック(関節を動かしながら筋肉を伸縮させる)で進めていきます。

【手順説明】
・まずはかけ湯からスタート
お風呂の温度は少し高めの42℃に設定し、体操座りでみぞおちの位置を目安に浅めに張ります。水を1杯飲んで、かけ湯からスタート!

・胸まで1分つかる
胸の上までお湯がくるように体勢を低くして、1分間体を温めましょう。

・みぞおちまで3分つかる
次は体操座りをして、みぞおちまでお湯に浸かります。今度はさっきよりも長めに、3分間頑張って! 

・浴槽を出て5分休憩
体が十分温まったら、一度浴槽の外に出て5分間休憩。音楽を聴いたりしながら体のほてりを冷ましましょう。

・みぞおちまで5分つかる→5分休憩→みぞおちまで3分つかる
再度、体を十分あたためましょう。

・老廃物を洗い落とす
たっぷり汗をかいたら、仕上げに体を洗いましょう。毛穴が大きく開いてますから、老廃物がキレイに洗い落とせるはずです!


先ずは、胸のエクササイズから始めましょう。簡単な動きですが、効果は絶大! 普段から習慣にしたいエクササイズです。