今夏も昨年と同様に、脚を大胆にみせるファッションが大流行。露出の多い脚をいかに長く&細く見せられるかが、夏を楽しむ上でのキーワード。もう、むくんだ脚に悩んでなんていられません!

ということで今回は、体の土台となる足を集中的にケアすることで、速やかに“むくみ”や“冷え”を改善する『ヤムナ フットフィットネス』をご紹介。たった1回挑戦しただけで驚きの効果を実感した、ガイドの体験レポートをお届けします!

NY発の新メソッド『ヤムナ』とは!?

ヤムナ
ヤムナ フットフィットネスで使用する専用器具。飛行機の中、移動中の電車、車、滞在先のホテルでも気軽に使えるのが◎
『ヤムナ』とは、27年前にヤムナ・ゼイク氏によってNYで創設されたメソッド。足は『フット・フィットネス』、体は『ボディ・ローリング』と、ボールなどの専用器具を使って心地よい刺激を与えながら、筋肉や骨を無理なく整え、本来の位置にリセットしていくのが目的です。

今回は本格的な夏を前に、引き締まった伸びやかな脚を復活させようと、足専用器具を使った『ヤムナ フットフィットネス』を体験。指導してくださったのは、ヤムナジャパンのエグゼクティブオフィサーを務める石川英明さんです。

「人間の体は土台となる足が最も大切です。なのに現代の女性は、ハイヒールなどで一日中足にギブスをはめているようなもの。そこで『ヤムナ フットフィットネス』で、足への体重のかけ方&動かし方などを再教育することが重要なんです。固定された足の筋肉を解放させれば、“むくみ”や“冷え”の原因である滞った血液の循環がよくなりますよ!」(石川さん)

26個の足の骨&筋肉を無理なく解放する!
『ヤムナ フットフィットネス』

「足の骨や筋肉が動き出すと、毛細血管にまで血が巡っていくのが分かりますよ。」(石川さん)の言葉どおり、始めてから数分で汗ばむほど全身が温かくなり、手の指先まで温まっていくのを実感した体験レポートを、さっそくご紹介します!

<正しい体重のかけ方を指導>
指導
自分の立ち姿勢の癖が判明! 土台である足が歪んでいることで負担がかかり、腰や肩にも痛みが!!
傍目には地味な動きにしか見えない『ヤムナ フットフィットネス』ですが、体重をかけるポイントや足指の動かし方などが精密に決められていて、このルーティンがとても重要。また、体のパーツパーツを直す前に、土台となる足をしっかりケアする大切さを指導していきます。


<かかとに体重をかける>
かかと1
日常生活においてかかとで立つことがほとんどないので、かかとの使い方に最初は戸惑うも、膝の裏まで伸びる感覚が徐々に気持ちよくなる!
1. かかとで体重を押し上げるように立つ。かかとを使う感覚を覚える。この状態で膝を曲げ→伸ばしを数回繰り返す。

かかと2
26個あると言われる足の骨や筋肉がほぐれていくのを実感!
2. 指を遠くに伸ばしながら、指の付け根→指と順に床につけていく。足裏の筋肉&骨を全て使うイメージでゆっくり行う。