ミニスカートの似合うすっきりレッグライン

きれいな足

すっきりレッグライン

ミニスカートやショートパンツをかっこよく履きこなしたい!でもレッグラインに自信がない……。太いから、O脚・X脚だから、むくんでるから……。足の悩みは多種多様。そして理想も多種多様。でも誰でも無駄肉はほしくないし、足の形にはこだわりたい。

ただ細い、ひたすら細いだけが理想なら、食事制限をして、運動をひかえめにすることでかなうかもしれませんが、健康的でめりはりのあるレッグラインのためには運動が欠かせません。

また、運動のしかたも大切。むやみやたらに動き回っても自在にレッグラインをデザインすることはできません。意識的・戦略的にワークアウトをすれば、理想のレッグラインに近づけるのです!

 
 

筋トレをすると足が太くなる?

よく、こういう訴えを耳にします。「高校時代に陸上部だったから、足についた筋肉が脂肪にかわってしまって、足が太くなっちゃった。だから、もう絶対筋肉はつけたくない!」

このように思っている方は多いようですが、筋肉が脂肪に変化することはありません。筋肉の脂肪置換という病的な状態でおこることがありますが(怪我などが原因で)、筋肉と脂肪は別の組織なので、どちらかがどちらかに変化するなんてことはないんです。運動をしていたころについた筋肉は、運動をしなくなったことで確実に落ちてしまいます。太くなったのは、運動量が減った=エネルギー消費量が減ったため、新たに脂肪が増加しただけなのです。

また、足の運動をすると筋肉が増えて、そのために足が太くなるから心配……という声もたびたび聞きますが、これも心配ありません。女性は、ホルモンの関係上、男性のように筋肉量を増やすことは困難なのです。たとえば陸上の女性トップアスリートがすばらしい筋肉をしているのは、絶え間ない努力と、一般人には不可能なきわめてハードなトレーニングをこなしているためです。一般的に行なう筋トレの次元では、アスリートのような大きな筋肉などはつけられないので、ご安心を。むしろ骨格筋を適切につけることで、メリハリのあるレッグラインは実現できるのです!

美脚には足の前面と裏面をバランス良く刺激するのがコツ

足やせを目指してスクワットをしてみたけど、ふとももの前の部分にばかり筋肉がついてしまって、足が太く見えるようになった。そんな経験はありませんか? スクワットは足のトレーニングの王道ですが、適切なフォームで行なわないと、理想とは違う形の筋肉がついてしまいかねません。トレーニング初心者は要注意です。
トレーニング初心者はスクワットのような足の筋肉を一気に全て使わなければできない種目より、部分部分を意識しながら行なうことのできる種目を取り入れてみることをおすすめします。

すっきりとシェイプされ、メリハリのある足を作るには、脂肪やたるみが出やすい、ももの前面と裏面をバランス良く、適切に刺激することが大切です。ももの前だけ、後ろ側だけがアンバランスに鍛えられてしまうと、レッグラインは整いません。

今回は足の前面と裏面をそれぞれ刺激できる簡単エクササイズをご紹介します。バランス良く筋肉をつけるために、前面と裏面のエクササイズを同じ回数ずつ行なってくださいね。