プチグレン

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/6/2/6/grapefruit01.jpg
ビターオレンジ由来の精油はいくつかあります…そのひとつがプチグレン
Citrus aurantifolia
ミカン科の木本
葉、枝、つぼみからエッセンシャルオイルを採る

プチグレンという植物名はないはず。もともとはビターオレンジ、というのが植物名です。この辺、ネロリと同じですね。愛称というか、ネロリ等のオイルと区別する意味で、このように呼ばれます。詳細は次のようになります。



プチグレンは、ネロリの親戚です

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/6/2/6/green03.jpg
採油部分から名前がつけられたプチグレン
プチグレン(petit grain )とはフランス語で、「小さな粒」とか「小さな玉」という意味。これは、つぼみや、未熟な果実のことを言っています。つまり、オイル分を採る原料を意味していて、プチグレンは、ビターオレンジのつぼみ、未熟な果実、葉、枝などから香り分が得られます。

ちなみに、同じ植物(ビターオレンジ)の花びらは、水蒸気蒸留して、ネロリ精油となり、成長した果実の皮は圧搾して、ビターオレンジオイルとなります。



いずれも同じビターオレンジから香り分が得られるといっても、プチグレンの香りは、果皮オイルより、ネロリの方に近い印象です。ネロリを渋く、植物らしい草っぽさをプラスした香り。なかなか、清々しく、フローラル調とウッディ系とブレンドした香りが楽しめます。コロンには欠かせない香りで珍重されます。


安眠、シミ対策…夏に大活躍!

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/6/2/6/bed02.jpg
なかなか高貴な香りです
  • リラックスタイムに!

リラックス効果にとても優れるといわれます。呼吸を深くし、安眠をもたらすため、寝苦しい夜には、ベッドサイドの香りとしてオススメ。

プチグレンを1~2滴落としたコットンをベッドサイド置きます。プチグレンが、高ぶった神経を鎮静させ、リラックスさせてくれます。質の良い睡眠は、夏ばて防止に重要ですね。結構しっかり香るため、1滴でも十分かもしれません。


  • シミ対策に
  • 毎日、スゴイ日差しですね。日焼け止めにはぬかりがなくても、その後のケアは、大丈夫ですか。シミになる前から、先に手を打っておきたいもの。そんなときにもプチグレンが出番です。濃厚な粘土パックに配合してみてください。残り香が良い感じです!

手作りのアロマローションもおすすめ。小さなスプレー容器に入れて携帯すると、エアコンのきつい場所で乾燥したお肌に、即、栄養補給が可能になりますよ!プチグレンは、にきびなどにも効果を発揮します。



■ ガイドからひとこと提案
特別な注意事項もありませんので、楽しく色々と使ってみてくださいね!ブレンドするなら、例えば、カモミール・ローマンやパインはいかが?フローラル調を強調したいなら前者。森林浴気分も味わいたい場合は、パインを!




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。