セコンドピアット カルネ
@Cena di Natale

ローストビーフではないですが、イタリアンの人気メニュータリアータ。せっかくだったらちょっといいお肉を買って、素材の味を楽しんでみてはいかがでしょうか? バルサミコソースが決め手のタリアータです。

牛肉のタリアータ バルサミコソース
Tagliata di Manzo
con Salsa di Aceto Balsamico

【分量】2人分
【材料】

牛モモブロック…………200g(タタキ用)
粗塩………………………適量
黒胡椒……………………適量
レモン……………………適量
ニンニク…………………1/2片
赤ワイン…………………30cc
ルーコラ…………………1/2束
白マッシュルーム………2個
バルサミコ酢……………80cc
パルミジャーノ…………適宜
EXVオリーブオイル……適宜(香りの良いもの)

【作り方】

  1. 牛モモブロックに粗塩と胡椒をし、2時間程寝かせる。
  2. 小鍋にバルサミコ酢を入れ、弱火で半量になるまで煮詰める。マッシュルームは外皮をむき、スライスする。ルーコラは食べやすい大きさに切って、マッシュルームと空気をまぜるように和えておく。
  3. フライパンにオリーブオイルと潰したニンニクを入れ、中火にかけ、牛モモブロックをまんべんなく周りに焼き色がつくように焼く。途中赤ワインを注ぎ入れ、フランベし、火が通り過ぎないようにする。(約10分程度)
  4. 皿に2を盛り、8mm程度にスライスした牛モモブロックを盛り、スプーンで煮詰めたバルサミコ酢、香の良いオリーブオイルを回しかけ、最後にスライスしたパルミジャーノをふり、レモンを添える。

【ポイント】

  • バルサミコ酢を煮る時は換気をしっかりしてください。
  • バルサミコ酢を煮る時、小鍋ではなくテフロンのフライパンでもできます。
  • 牛肉の粗塩はサーレ・グロッソを使うと、じわじわと塩がお肉にしみ込み、美味しくできあがります。
  • パルミジャーノのスライスは、ピーラーをパルミジャーノのブロックにあてがうと簡単にできます。
  • バルサミコソースを使った生ハムとの相性も最高です。
  • 今回香の良いオリーブオイルはラウデミオを使用しました。香りのしっかりしたトスカーナのオリーブオイルはお肉料理との相性抜群です。

さてクリスマスドルチェはやっぱり定番が落ち着きます。

<<前へ 1 / 2 / 3 / 4
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。