冬のイタリアンドルチェ

イタリアのクリスマスはとにかく家族で過ごす、という以外の特別なことはそれほどありません。それこそサンタクロース(Babbo Natale:バッボナターレ:イタリア語)が子供達の枕元に吊るしてある靴下に…なんてこともありませんでした。いや、最近になってこういったことが見られるようになったそうですが。ローマのナヴォーナ広場では、年が明けたエピファニーアの日にもサンタクロースがおり、子供達と仲良く記念撮影をとっているところを見かけました。
ではイタリアではこんなに楽しいクリスマス、とりわけ子供達へのファンタジー的なお話がないのでしょうか?
イタリアにはベファナ(Befana)という魔女がこのサンタクロースの存在にあたり、それも12月25日ではなく、クリスマス後の12日目のエピファニーア(Epifanania:主顕節)にやってくるというものです。しかもこの魔女はサンタクロースのように、「素敵なイメージ」はなく、形相は醜く怖いという。小さな子供はベファナに泣いたりもします。ベファナはこの日、よい子には素敵なおもちゃやチョコレートなどのお菓子、しかし悪い子にはなんと「炭」が配るといわれており、クリスマスからこの日まで、子供達は「よい子」にしていようと努力するのです。そしてベファナを呼ぶために、暖炉にオレンジなどを置いたりします。ちょっと違いますが、まるで日本の「ナマハゲ」みたいなイメージです。
ということでイタリアではクリスマスはクリスマス菓子、正月菓子と指定はないのですが、クリスマスからのヴァカンツェ・ナタリツェ(Vacanze Natalize:ウインターホリデーシーズン)に食べるお菓子があります。そんなイタリア菓子を御紹介します。


パネットーネ Il PANETTONE
代表的なのが日本でもおなじみのパネットーネ(Panettone)。北イタリアはミラノが発祥のパネットーネは、レーズンやオレンジピールなどを含んだ甘味のあるスポンジのパン。パンといっても普通のパンと違うのは、なんとその賞味期限が6ヶ月というもの。小さいものは250gからで、大きいものになると1kg! 11月頃からイタリアでは店頭でパネトーネが見られるようになりますが、その賞味期限は、「来年の6月」という。これだけ賞味期限が長いので、ウインターシーズンを通じていただくことができるのです。
また、この時期のホームパーティー等で、パネトーネを片手に下げて訪れる方々も多く、気がつけば家のエントランスはパネトーネだらけだったりすることもあります。
また、パネトーネは甘口の発砲ワイン、アスティ(Asti)やモスカートダスティ(Moscato d'asti)と一緒に頂くとさらに美味しく召し上がれます。

パネットーネをネットで♪


パンドーロ
Il Pandoro

意外と知られていないパンドーロ。こちらはパネトーネとは異なり、ドライフルーツなどが入らない、スポンジ系の大きめのケーキ。卵を多く使うことからパンドーロ(黄金のパン)と呼ばれています。こちらはミラノのあるロンバルディア州の隣、ヴェネト州が発祥といわれています。ですからパンドーロの箱にもPan d'oro di VENETOと書かれています。私の友人のイタリア人達、私の旦那はパネトーネよりもパンドーロ好き。「朝、カフェラッテとパンドーロさえあれば、幸せ!」 と、ほっこりとした顔でパンドーロの美味しさを語ってくれます。
パンドーロはパネットーネと違い、食べる前にちょっと一手間があります。パンドーロの箱には必ず「粉砂糖」の袋が入っています。このほとんどが「ヴァニラ風」の粉砂糖なのですが、これをパンドーロの入っている袋に直接振り入れ、袋の口を手で押さえて振り、パンドーロにまんべんなくお砂糖がつくようにします。その後、袋から取り出し、好みの大きさに切り頂くのです。
そんな「一手間」が逆にエンターテイメント性があり、ホームパーティーなどでは喜ばれます。


トローネ Torrone
冬を通じて頂くヌガータイプのお菓子トローネ。シチリアはシラクーザ発祥のお菓子で、シチリアがアラブの植民地だったころに伝わったお菓子です。シチリアの名産アーモンドやピスタチオが入ったものなどがあります。ことエピファーナにトロンチーノ(トローネの小さい版)をよく食べ、または配ったりします。
非常に甘いお菓子ですが、これが苦いエスプレッソとの相性抜群! パーティーの食後にカフェに添えたいお菓子です。

トローネをネットで♪

イタリアでは、こういった冬のお菓子をずっと食べているわけではありません。ちょっと知恵を働かせて、このお菓子をより美味しく食べるワザがあります。こうして冬シーズン、たくさん頂いたパネットーネやパンドーロ、トローネを飽きないように消費していくのです。
そのワザを少し御紹介します。

☆パネットーネがティラミス風に大変身
☆パンドーロでフルーツのグラタン
☆トローネのアーモンドを生かしたセミフレッド

それでは皆様に素敵なウインターシーズンを!


1 / 2 / 3 / 4 次へ>>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。