コンバートドルチェ vol.2
@Stagione d'inverno

 

「パンドーロとカフェラッテがあればもう何もいらない」 とイタリア人の友人、そしてうちの主人がいいます。
イタリア人にこのパンドーロの熱狂的なファンは本当に多いのです。
また写真のようにお砂糖を振りって、袋ごとシェイクするのはホームパーティーなどでも結構人気。そしてなんとなく、「待っていました!」 といわんばかりの演出効果もあります。
私達がクリスマス間近のホームパーティーをする時には、欠かせないアイテムです。


 

森のフルーツとパンドーロのグラタン仕立て
Gratin di Frutta di Bosco con Pandoro

【分量】2人分
【材料】

パンドーロ………………100g
ブルーベリー……………10粒
クランベリー……………10粒
ラズベリー………………10粒

<ザバイオーネソース>
全卵………………………3個
グラニュー糖……………30g
白ワイン…………………70cc
生クリーム………………20cc

バター……………………適宜
粉砂糖……………………適宜


【作り方】

  1. 70℃位の湯せんにあてながら、全卵とグラニュー糖を合わせる。そこへ白ワインも合わせる。
  2. 泡立てておいた生クリームと1を合わせておく。
  3. バターをぬったグラタン皿に、食べやすい大きさに切ったパンドーロを入れ、2のザバイオーネソースを注ぎ、各フルーツを散らす。
  4. 190℃のオーブンで10~15分程度、パンドーロが焦げないように焼く。
  5. 最後に粉砂糖をふり、温かいうちに頂く。

【ポイント】

  • 通常のザバイオーネは仕上げにレモンを加えますが、パンドーロにしっかりと味がついているので、省略します。
  • フルーツはベリー系であれば、お好きなものを使えます。
  • パンドーロは焦げやすいので、オーブンによってはレシピ時間よりも短くても構いません。
  • 白ワインでなくマルサラ酒を使用しても美味しく頂けます。

<<前へ 1 / 2 / 3 / 4 次へ>>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。