イタリアン牛の煮込み スペッツァティーノ

所要時間:60分以上

カテゴリー:煮込みトマト煮

 

牛の煮込みってこんなに簡単!

ビーフシチューと考えると、時間がすごくかかって、手間ひまもかかって……と思われませんか? このイタリアンスタイルのスペッツァティーノであれば、短時間で牛の煮込み料理ができてしまいます。

お肉だけではなく、たくさんの野菜の旨味も上手に使って煮込んでいくので、ブイヨンもいりません。困った時のメインディッシュには、断然スペッツァティーノがオススメです!

牛の煮込みの材料(2人分

イタリアン牛の煮込みの材料
牛肉 300g 塊肉を使用
薄力粉 大さじ2杯
にんじん 1/2本
たまねぎ 1/4個
セロリ 1/4本
オリーブオイル 大さじ2杯
ニンニク 1/2片
トマト水煮缶 400g
白ワイン 100cc
ローリエ 1枚
小さじ1杯
イタリアンパセリ 適宜

牛の煮込みの作り方・手順

イタリアン牛の煮込みの作り方

1:牛肉を一口大に切り分け、薄力粉を絡める

牛肉を一口大に切り分け、薄力粉を絡める
牛肉は一口大に切り分け、余分な筋や脂肪を取り除き、薄力粉に絡めておく。

2:みじん切りにした野菜を炒める

みじん切りにした野菜を炒める
玉ねぎ、にんじん、セロリをみじん切りにし、ニンニクの芯を取り除く。厚底鍋にオリーブオイルとともに入れ、中火で炒める。

3:野菜がしんなりしたら、牛肉を入れ炒める

野菜がしんなりしたら、牛肉を入れ炒める
【2】の野菜がしんなりして香りが出てきたら【1】の牛肉を入れて炒める。

4:白ワインを注ぎ一煮立ちさせ、トマトの水煮を加える

白ワインを注ぎ一煮立ちさせ、トマトの水煮を加える
【3】がまんべんなく馴染んだら、白ワインを注ぎ、一煮立ちしたら、潰したトマトの水煮を加える。塩をして、ローリエを加える。

5:弱火で30~40分煮込み、皿に盛る

弱火で30~40分煮込み、皿に盛る
弱火で30~40分程煮込む。 途中薄力粉が鍋底にくっつくことがあるので、何度か鍋底からかき混ぜる。 皿に盛り、好みで刻んだイタリアンパセリを添える。

ガイドのワンポイントアドバイス

牛肉はシチュー用の角切り肉を使用しても美味しく頂けますが、筋と脂肪は必ず取り除いてください。好みの野菜やキノコ類を追加しても美味しく頂けます。