お庭のプロフィールに「我家の庭は宿根草がメインです」とか、「ウチは一年草がメインです」という表現が良く使われますね。
あなたのお庭はどうですか?
一年草と宿根草、そして球根類の比率や組み合わせというのは、庭&花壇の植栽計画を立てるときにとても重要なポイントになります。
一年中お花を楽しむには、綿密な植栽計画が必要になるのです。
今回はそれぞれの植物の特徴と、年間を通したプランの立て方について考えてみましょう。

★宿根草★
植物の一生のサイクルを、多年にわたり繰り返す植物を指します。
冬の寒さなどで一時的に地上部が枯れますが、地下の根は生きていて、翌年また芽が出てくる植物です。
●長所
 一度植えれば毎年出てくるので、種まきの必要がない
 繁殖力が強く、丈夫なものが多い
●短所
 花の期間が比較的短い
 花が咲いていない状態でもスペースをとる
 繁殖力が強いため、他の植物を駆逐する場合がある
●宿根草メインにする場合のポイント
 宿根草をメインに考える場合は、花が無い期間を一年草や球根類でサポートしましょう。
※よく「手間を掛けたくないので宿根草メインで…」というのを耳にしますが、適宜株分けなどをしないと、一面その植物で覆われる可能性も…。やはり、それなりの管理は必要です。

★一年草★
植物の一生のサイクルが、一年以内で完結する植物を指します。
●長所
 花の期間が長く楽しめる
●短所
 毎年自分で種まきをしたり、苗を買い求める必要がある
●一年草をメインにする場合のポイント
 長期間花を楽しめるメリットがありますが、一年草でスペースを全て埋めるのはなかなか大変です。
隙間を埋める宿根草なども取り入れましょう。
※種まきで苗を得る場合は、育苗スペースが必要になります。
また、花苗を買う場合は、たとえ1ポット100円以下でも数が増せば出費も増えます。