お食い初めの、花えびと花豆腐のお吸い物

所要時間:30分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋お吸い物

 

花のように可憐な女の子に育ちますように...

今日は孫のお食い初めなので、お祝い膳をこしらえました。 メニューは大きな焼き鯛、ぜんまいとわらびの煮物、枝豆豆腐、そして、このお吸い物です。ごく普通の材料にひと手間かけて、可愛らしく仕上げました。

花えびと花豆腐のお吸い物の材料(6人前

花えびと花豆腐のお吸い物の材料
えび 12尾 (無頭)
モロヘイヤ 1ワ (またはほうれん草)
豆腐 1/2丁
ねぎ 少々
吸い地の材料
だし 6カップ (昆布とかつお節)
小さじ2
醤油 小さじ1
大さじ1
お吸い物の塩分は、だし汁の1%程度が基本

花えびと花豆腐のお吸い物の作り方・手順

花えびと花豆腐のお吸い物の作り方

1:

湯を沸かして塩を入れ、モロヘイヤをサッと茹でて水に取って水気を絞る。 海老の背ワタを竹串で抜き取り、茹でて尻尾を残して殻をむく。 海老の上を少し残して切り込みを入れる。

2:

尻尾の真ん中のとんがってる部分を穴に差し込む。

3:

形を整える。

4:

豆腐を花型で抜き、厚さ5~6ミリに切る。

5:

鍋に出し汁、塩、しょうゆ、酒をあわせて火にかける。ひと煮立ちしたら火を弱め、むいた海老の殻をこしザルに入れ、1分ほど浸して取り出す。吸い地を100ccほど冷ましておく。 殻についてる海老の旨味を汁に移す。カスが気になるようであればサラシで包んで入れる。塩を減らして醤油を増やしても良い。一般的な塩は醤油の5倍辛いの で、塩を1グラム減らしたら、しょうゆを小さじ1杯加えてもいい勘定になる。したがって、塩を全部入れてしまわずに、味見しながら自分好みの味を作りだす とよい。出し汁を取るのが面倒な時は白だし醤油を使えば簡単。

6:

モロヘイヤと海老の上に、人肌にさめた吸い地をまんべんなくかける。

7:

その吸い地を、花豆腐に移す。 ここまで、前もってやっておくとよい。

8:

モロヘイヤを4cmほどに切る。 お椀に椀種を盛り付け、熱い吸い地をはり、白髪ネギをのせる。あれば柚子を飾る。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。