さまざまな民族が暮らすシンガポールは、グルメのるつぼ。これほどまでに食の選択肢が多い国は、世界広しといえどもそうはありません。驚くほど多彩なジャンルの料理やレストランがあるシンガポールのグルメのなかから、今回は「これだけは食べておきたい!」という定番アイテムやツウ好みのローカルフードをご紹介。食べ歩きを通して、ディープなシンガポールをガッツリ味わってみてください。

【Index】

正直驚いた! 美食天国シンガポール

多彩なシンガポールグルメ
最強の美食の都、シンガポール
今回シンガポールを訪れて驚いたのは、なんといっても人々の食に対する情熱の強さ! もちろん世界には多くのグルメシティがあるけれど、この国は別格かも。夜中だって、街の屋台やレストランには人がいっぱい。24時間いつでも美味しいものが食べられる、文字通りの美食天国なんです。

多くの民族が暮らしているシンガポールは、食のジャンルが本当に豊富。中国・マレー・インドといった各国料理、そしてそれらが絶妙に融合して生み出されたユニークなシンガポール料理の数々……。ここまで名物料理が多い国も珍しいと思います。

多彩なシンガポールグルメ
いつでもどこでもなんでも! それがシンガポールのグルメスタイル
また家で料理をつくらない外食文化の国ゆえに、安旨グルメも大集合。その代表的なものが屋台の集合体、いわゆるホーカーセンター(ホーカーズ)。三食プラスおやつまでお世話になる人も多く、シンガポールの人たちの食生活に欠かせないグルメスポット。屋根つきのオープンエアのところがほとんどで、たいていのローカルフードが揃っています。

ちなみにホーカーセンターの数は、シンガポール全体でなんと120以上、屋台の数は16,000軒。シンガポールの大きさは淡路島と同じくらい、国民の数は約450万人であることを考えると、その多さがわかりますね。店によって営業時間は違いますが、朝から晩まで使えます。

次のページでは、早速地元で人気のホーカーセンターへ行ってみましょう。