世界一ワッフル好きなベルギーの人々 

リエージュワッフルとブリュッセルワッフル ベルギーワッフル

ブリュッセルのグランプラス界隈にはワッフル屋さんが多数。ワッフル片手にお散歩も楽しい

いまや日本でもおなじみですが、それでも本場で食べることをおすすめしたいのが、ベルギーワッフル。味はもちろん、旅に欠かせない感もいいんです。

ベルギーでは、「さあ、ワッフルを食べに行こう!」なんて意気込みは不要。街に着けばさっそく駅の売店でワッフルが売られているし、街に出れば街のそこかしこにワッフルスタンドがあって、買うには事欠きません。むしろ、そこかしこから漂う甘い匂いにつられて、ついつい買ってしまうことも多いはず。ちなみにワッフルはフランス語でゴーフル(Gaufre)といいます。 

<目次>  

リエージュワッフルとブリュッセルワッフル、2種のベルギーワッフル

ドゥバイヨルのブリュッセルワッフル

ドゥバイヨルのブリュッセルワッフル(GAUFRE DE BRUXELLES DAME BLANCHE) ©ドゥバイヨル

日本では、「ベルギーワッフル」とひとまとめにして呼ばれることも多いですが、実はベルギーワッフルには2種類あるって知ってますか?

1つめがブリュッセルワッフル。大きめの長方形で、食感は外はサクサク。中はふわふわしていて軽いので、がんばれば2つくらいは食べられるかも。生地の甘さが控えめなので、トッピングで甘さをプラスします。粉砂糖やシロップでシンプルに食べるのもいいし、生クリームやアイスクリームなどでボリュームたっぷりに仕上げるのも人気。ベルギーはチョコレートが有名なので、チョコレートソースをたっぷりかけるのもいいですね。
DANDOYのリエージュワッフル

メゾンダンドワのリエージュワッフル(La gaufre de Liege)© Maison Dandoy

もうひとつはリエージュワッフル。こちらは日本でもよく見かける丸いタイプ。ただ、日本のものより大きめの楕円形です。しっかりした生地で弾力があり、ブリュッセルワッフルより小さいものの、食べごたえアリ。パールシュガーという粒の大きな砂糖が入っているので、そのまま食べるのにも充分な甘さです。 

ブリュッセル、リエージュとそれぞれ発祥の街の名を冠していますが、ベルギー中で食べられます。街のスタンドではリエージュワッフルが主流。ブリュッセルワッフルを食べるなら、カフェやレストランでゆっくりと。ナイフとフォークを使うので食べやすく、思う存分トッピングも楽しめます。
 

ブリュッセルのおすすめワッフル店(1) メゾンダンドワ 

Maison Dandoy - Galeries

美しいアーケード内にあるMaison Dandoy - Galeries © Maison Dandoy

ブリュッセルでワッフルを食べるなら、老舗菓子店メゾンダンドワ(MAISON DANDOY)がおすすめ。ガイドブックに載っている有名店ですが、味は確か。2011年3月にはフランスの『マダム・フィガロ』誌でブリュッセルのベストワッフル屋さんに選ばれています。 

1829年創業の老舗で、ブリュッセルの中心地にはいくつか支店がありますが、ブリュッセルワッフルとリエージュワッフルの両方を食べたいなら、小便小僧すぐ横の「Maison Dandoy - Tea Room & Waffles」へ。2階には広く落ち着いた雰囲気のティーサロンがあります。ブリュッセワルワッフルだけでよければ、美しいアーケード “ギャルリーサンチュベール”内にある店舗「Maison Dandoy – Galeries」もおすすめ。リエージュワッフルは4.5ユーロ~。ブルッセルワッフルは5.5ユーロ~。もともとはスペキュロス(シナモンなどのスパイスの入ったビスケット)が有名なお店なので、店内にはビスケットも豊富にそろっていて、おみやげにもぴったりです。

Maison Dandoy - Galeries
Galerie du Roi, 21000 Bruxelles
10:00~21:00

Maison Dandoy - Tea Room & Waffles
Rue Charles Buls, 141000 Bruxelles
ショップ&テイクアウトワッフル月~土9:30~21:30、日10:30~21:30、ティールーム11:00~18:00
 

ブリュッセルのおすすめワッフル店(2) ドゥバイヨル

グラン・プラスにあるドゥバイヨルの旗艦店

ブリュッセルの中心地、グランプラスにあるドゥバイヨルの旗艦店 © ドゥバイヨル

高級チョコレートで有名なドゥバイヨル(DEBAILLEUL)は、2018年10月にベルギー・ブリュッセルの中心、グランプラスに旗艦店をオープン。併設のティールームでは、ブリュッセルワッフルがいただけます(粉砂糖のみ6ユーロ、チョコソース・グラスヴァニーユ(アイス)添え9ユーロなど)。窓からは文豪ヴィクトル・ユゴーが「世界で最も美しい広場」と称したといわれるグランプラスを眺められるので、ワッフルを食べながらのんびりした時間を過ごすのもいいですね。1階のショップには宝石のように美しいチョコレートやガトーがズラリと並んでいるので、ぜひ合わせてチェックを。ちなみに日本のドゥバイヨル丸の内オアゾ店は、このグラン·プラス店の雰囲気を踏襲しながら2019年9月にリニューアル。名物のブリュッセル風ワッフルに加え、丸の内限定のリエージュ風ワッフルも食べられます。

ドゥバイヨル グラン·プラス店
37 Grand Place 1000 Bruxelles
9:00~22:00

※2019年10月現在 1ユーロ=約118円

メゾンダンドワもドゥバイヨルもすでに日本上陸済み。まずは日本で違いを確かめるのも一案。予習ができたら次は現地へ。美しい美食の国で、ぜひ本場のワッフルも味わってみてください。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。