生と死の交差点ベナレス(バラナシ)

写真をクリックすると次の写真に進みます
船から見たガート
船に乗ってベナレスのガートを眺める。©牧哲雄


ベナレスの街並み
家々が密集したベナレスの街並み。©牧哲雄
母なるガンガー(ガンジス川)はすべてを浄化する。

その水はたった1滴であらゆる水を浄化し、ガンガーで沐浴すれば罪は洗い清められ、ガンガーで死んで焼かれ遺灰を流されれば解脱さえできるという。

ガンガーに面した都市の中でも、なぜベナレスが最大の聖地になったのかは諸説あって明らかではない。ヒンドゥー教では川の合わさる場所は神聖な場所として崇められるが、ベナレスは5つの河川が合流するからだとか、対岸の不浄の地から浮かぶ神秘の太陽のせいだとか、紀元前5世紀の「光あふれる王国」カーシーの首都だったからなどと言われる。

世界のヒンドゥー教徒10億人が生涯に一度は行きたいと願う聖なるガンガーの聖地中の聖地、ベナレス。人々はここに集い、沐浴し、修行し、またただ死ぬために、多くの人々が毎年ここを訪れる

ベナレスのガートについては次のページへ。