リバウンドはこうして作られる

ダイエット
あなたのダイエットは大丈夫?
せっかく痩せてもすぐ戻ってしまう。
ダイエットするたびに痩せにくい体になっていく。

なんて身に覚えがありませんか?ダイエットを繰り返している人の多くが経験しているリバウンド。2回3回と繰り返しているうちに、ダイエット前より太ってしまったなんて悲しい状態になることも…。ダイエットにつきものだと思われているリバウンドですが、実はリバウンド体質を作るには、いくつかポイントがあります。そして、リバウンドを繰り返している人は、知らない間にこのポイントを実行していたりするのです。そんな恐ろしいリバウンド体質の作り方。あなたは実行していませんか?

■作り方その1:体を飢餓状態にしてしまう
「脂肪が付いているのに飢餓状態なんて!」って思ってませんか?でも、あなたの体は「栄養不足」と感じているかもしれません。一日に必要なカロリー量は、運動量や年齢・体型などによって推測できます。ダイエットのために極端にカロリーをカットした食事にすると、体は「これから先、充分な食事が摂れないのかもしれない!」と察知して、基礎代謝を下げ、食事からの栄養吸収率をUPさせるという反応をしてしまうのです。
また、カロリーは充分足りた食事でも、ビタミンやミネラルなどの栄養素が足りないと、カロリーを燃焼させることができずに蓄えてしまいます。さらに、ビタミンやミネラル不足は、体にとっては栄養飢餓状態。足りていない栄養を摂ろうと食欲がUPしてしまうのです。

■作り方その2:脂肪と一緒に筋肉を落としてしまう
食事制限のみのダイエットや、ハードな運動中心のダイエットでは、脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまうことがあります。筋肉が落ちることで、基礎代謝も落ちてしまいます。そのため、一旦体重が減ったとしても、基礎代謝が落ちた体はエネルギーを燃やせず、リバウンドしやすい状態になってしまうのです。また、筋肉が落ちることで、継続的な運動をする体力も失ってしまいます。
運動をしないダイエットでは、筋肉を動かして育てることをしないため、筋肉が衰え減ってしまうことはすぐにわかります。一方、ハードな運動については、「筋肉が減るの?」と不思議かもしれません。しかし、本当に減ることがあるのです。ハードな運動ではかなりの量のエネルギーを消費します。食事制限でカロリーやタンパク質が少ない状態で激しい運動をすれば、脂肪をエネルギーに変換するのが追いつかず、手近にある筋肉を壊してエネルギー源として消費してしまうのです。

続いては、ダイエット中に身に付けておきたいリバウンドしにくい習慣とは?