ブロッコリースプラウトに秘められたダイエット&アンチエイジングパワー

抗酸化作用が3日間も持続するブロッコリースプラウト

抗酸化作用が3日間も持続するブロッコリースプラウト

貝割れ大根に似た形状の「ブロッコリースプラウト」、きっと皆様もご覧になったことはあるはず。たよりなさげな印象を受けるこの野菜ですが、実はものすごいパワーを持っています。

ブロッコリースプラウトはブロッコリーの新芽で、このまま成長するとブロッコリーになります。新芽の状態より成長した方が栄養価が高まりそうと思いますが、植物の栄養素は種の中に多く含まれていて、成長していくにつれ栄養素は減少していきます。ですのでブロッコリースプラウトのように新芽を食べるのが、最も効率よく栄養素を吸収できる方法と言えます。

ブロッコリースプラウトは抗酸化物質が豊富

ブロッコリースプラウトには、スルフォラファンという抗酸化物質がブロッコリーの20倍以上も含まれていて、しかもその抗酸化作用は3日間も持続するのです!

食材の持つ効果はなかなか持続力が少ないものも多いなか、こちらはなんと3日に1回食べればOK! しかも面倒な調理はナシで生のまま食べれば良いなんて、これは食べないわけにはいきませんよね。


抗酸化力が上がるおすすめの食べ方

ドレッシング
スルフォラファンを含むその他の食べ物には、かいわれ大根やもやしなどがあります。
ブロッコリースプラウトのオススメの食べ方は、生のまま細かく刻んで、お酢と油、動物性たんぱく質と一緒に摂ること。

お酢と油に混ぜればいいので、一番簡単なのはブロッコリースプラウトを市販のドレッシングに混ぜて、ソテーしたお肉やお魚にかけるだけでOK! もちろんタルタルソースやマヨネーズ、マスタードなどに混ぜても美味しく召し上がって頂けます。

その他にもブロッコリースプラウトは、肝臓の働きも高めるという効果も持っています。肝臓は食べたものを分解し、解毒するという大切な役割を担っているので、肝臓の働きが悪いと解毒作用もうまくいきません。デトックス効果を狙うためにも3日に1回は必ずブロッコリースプラウトを食べるようにしましょう。