サラダ

毎日食べたい健康サラダ

アメリカで人気に火が付き、あっという間に日本も席巻した「ジャーサラダ」。ガラスジャーに入れた見た目がきれいなのも魅力の一つらしく、レシピ本なども出回っていますね。

でもでも、人気にあやかって買ってみたものの何か違った(食べにくいとか、持ち歩くには重いとか……?)と、早くもキッチンのアクセサリーと化している方も?!

今回はそんなメイソンジャーに代表されるガラスジャーを使って、栄養満点なスプラウトを栽培してみましょう。栽培後には好みの野菜と合わせてサラダにして、美味しくいただきましょうね!

スプラウトについて

ソバの新芽

ソバの新芽

スプラウトとは、野菜の新芽のこと。ガイド記事【植物栽培の基本、種まきに挑戦!】でも手軽なキット商品を使ったスプラウト栽培について触れていますし、「ガンに効く?!」などとして一時期ブームになったこともあるので既にご存じの方も多いと思います。

ただ、一口にスプラウトといってもその種類は様々です。大別するとグリーンマッペ(緑豆)やブラックマッペ(毛蔓小豆)、大豆などの「もやし型」と、かいわれ大根やブロッコリー、ルッコラ、マスタードなどの「かいわれ型」のものに分類されます。今回のようにガラスジャーを使った栽培には、「もやし型」のものが向いています。

スプラウト栽培の材料

ガラスジャー

ガラスジャーと網

・ガラスジャー
今回は有名なアメリカ・ボール社のメイソンジャーではなく、自宅にあったイギリス・キルナー社のプリザーブジャーを使用しました。メイソンジャー同様にキャップ部分が密閉できるようにダブル構造になっています。
スプラウト栽培には、プリザーブジャーやメイソンジャーに限らず、家にあるガラス製の保存瓶でももちろんOKです!

 

内蓋と網

内蓋に合わせて網をカット

・漉し網
ガラスジャーのダブルキャップ構造が役立つのは、この漉し網がセットできる点です。
ガーゼ布や排水口用ネットを輪ゴムで留めることでも代用できますが、今回は銅製の防虫鉢底ネットを使用しました。ジャーの内蓋に合わせて鉢底ネットをカットして、外蓋にセットすればOK。これでスプラウト栽培に必需となる水換えが楽になります!
※ネットの切り口で怪我をしないよう、ご注意ください。

 

スプラウトの種

スプラウトの種

・スプラウトの種
種はスプラウト栽培用のものを準備します。我が家の近所では見つけられなかったので、今回はネット通販を利用して胡麻とアルファルファ、マッペ(緑豆)の種を準備しました。
また胡麻とアルファルファの種は小さいので、栽培はじめは漉し網に排水口ネットを重ねて使用しました。


 

事前準備

ガラスジャー

ガラスジャーは煮沸消毒して

それではさっそくスプラウト栽培!……の前に、まずは下準備です。
ガラスジャーは使用・未使用のものにかかわらず、煮沸消毒をしてから使用しましょう。
ジャーがゆったり入るくらいの鍋に水を入れ、ジャーと蓋を入れます。そのままお湯を沸かして沸騰させ、3分ほどしたら蓋を先に取り出します。お湯が90度以上なら、更に5分ほど煮沸してからジャーを取り出します。ヤケドに注意して、トングなどを使って取り出して冷ましましょう。

 

さあ、それでは次ページでいよいよスプラウト栽培です!