肌にたっぷり水分を与える効果が高く、身体の中からみずみずしい潤いのある肌づくりに役立つ。

そんな「フルーツパワー」を取り入れているのが、ハリウッドセレブはじめとする世界の美女たち。とくに、最近では栄養素や抗酸化物質が豊富な果物「スーパーフルーツ」に注目し、ブームが加速しています。

そのなかでも、いま熱い視線を集めているのが、インド発の「アムラ果実」と北欧発の「コケモモ」。どちらも原産国では、美容や健康によいとして利用されているフルーツです。いったい、どんなところが「スーパー」なのか、チェックしてみました。

アーユルヴェーダにも使われるインド発「アムラ果実」

インド人女性の健康的な肌、豊かでつややかな黒髪を支えるスーパーフルーツが「アムラ果実」。

アムラはインドや東南アジアに育つトウダイグサ科の木。インドでは、その果実がピクルス、砂糖漬け、ジャムなどに加工して食されていますが、古来から「健康によいパワフルフルーツ」としても重宝されています。
インドや東南アジアに育つアムラ果実

インドや東南アジアに育つアムラ果実(画像:資生堂)


果実だけではなく、花、葉、幹、根、種まで薬として使われ、なにせアムラという名前は、ヒンドゥー語で「看護師」を意味する言葉が語源というくらいの万能の健康樹木。

また、美容にも優れた効果を発揮。インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」において、アムラ果実は、とくにアンチエイジングによいとされ「若返りのフルーツ」として使われているのです。さらには美髪パワーもあるとして、シャンプーやトリートメントとしても利用されています。

アムラ果実は、栄養学的にもパワフル。抗酸化作用があり、コラーゲンを体内で生み出すために必要なポリフェノールやビタミンCが豊富に含まれているのです。その量たるや、ビタミンCはレモンの約10倍、ポリフェノールは赤ワインの約30倍。美肌づくりに「スーパー」な力を発揮してくれそうです。

北欧発「コケモモ」は、生命力あふれる美パワーフルーツ

北欧美女の特徴といえば、白く透き通るような肌。そんな美肌の秘密が「コケモモ」です。

コケモモは北極圏や、カナダに自生する、ツツジ科スノキ属の常緑小低木。北欧では「リンゴンベリー」とよばれ、その果実は、ジャムやジュースによく使われています。ジャムはパンケーキなどに添えたり、スイーツに使われるだけでなくソーセージやミートボールなど肉料理のつけ合わせにもなるほど、愛されています。
コケモモ

北極圏やカナダに自生するコケモモ(画像:資生堂)


コケモモは極寒の地でも生存できる、強い生命力があるパワフルな木。北欧では美容や健康によいフルーツとしても食されています。

コケモモは薬膳的には、美しい肌づくりに欠かせない「血」を増やす効果があるとされています。血は中医学(中国の伝統医学)では、血液としての要素だけはなく、全身に流れて肌や髪に栄養を与える液体と考えます。まさに女子にとっては「体内美女美容液」。不足してしまうと顔色が悪くなったり、肌荒れを引き起こしてしまいます。コケモモはたっぷり血を補い、いきいきしたばら色の潤い肌を目指すのに役立つフルーツなのです。
北欧ではコケモモは「リンゴンベリー」の名前でジャムなどで食される

北欧ではコケモモは「リンゴンベリー」の名前でジャムなどで食される


栄養学的にも、ビタミンEやポリフェノールを多く含むという美肌にうれしいフルーツ。さらに葉には、美白によいとされる成分・アルブチンも含んでいるのだそうです。

そのうえ、最近の研究では、血糖値を下げる作用があり、ダイエットの面からも注目されつつあるという「スーパー」ぶりを発揮しています。

参考:日本アムラ協会、Arktiset Aromit ry

アムラ×コケモモは「最強の美肌コラボ」

美に貢献するパワーを秘めたアムラ果実と、コケモモ。じつは、このふたつを組み合わせるとさらに、美容にパワフルな威力を発揮します。

資生堂のコラーゲンにおける最新の研究によれば、このふたつの組み合わせは互いのもつパワーを高め合い、肌の美しさを引き出す力が一段と増すことがわかったそうです。

スーパーフルーツの相乗効果で、最強の美肌を目指したいですね。

取材協力:資生堂

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。