美しく正しく手紙が書ける女性になるには……
ちょっとした時に、さらさらっと美しい文章の手紙が書ける女性は憧れですね。育ち、教養、礼儀作法…… etc. 全てを兼ね備えた上質女性、という印象になるのは分かりながらも、どうしてもメールや電話で済ませてしまう方も多いことでしょう。

手紙を出すには……

・便箋と封筒、そしてペンを用意する
・頭語、季節の挨拶などを考える
・宛名と差出人を書く
・間違えたら書き直し
・切手を貼る
・ポストへ投函

電車の中などどこでもできるメールや、ほんの幾つかの数字をプッシュするだけで相手と話せる電話に比べ、手紙を書くにはこのように手間が掛かります。しかし、それだけに受け取った相手の心に響くはずです。

今回は、先生や上司などの目上の方や、義理のご両親、一目置かれたいご友人などを想定し、お勧めのグッズも含め「知ってて良かった!」の決まりごとを紹介して参ります。



【Index】
カタチから楽しむ
恥をかかないためのキマリ
あなたの質を上げるワザ