テストの結果、タイプ1の人は…

まず「タイプ1」の人はお腹ポッコリの原因が「内臓脂肪」の人です。

このタイプの人は皮下脂肪というよりも、内臓のまわりに脂肪がたまっています。

血圧を計ってみて、血圧が高いようであれば、ほぼ確実に「内臓脂肪型」といえます。

それでは、テストでタイプ2の人は…

「タイプ2」の人は「皮下脂肪型」。

指でしっかりお腹の肉がつまめるのではないでしょうか。

ちなみに、内臓脂肪型はリンゴ型、皮下脂肪型は洋ナシ型などとも呼ばれます。

タイプ3は最近解明されたお腹ポッコリの原因

タイプ3ですが、「腸の腫れ」によってお腹がポッコリになっている人です。

つい先日、健康番組でやっていたので、ご存じの人もいるかもしれませんが、腸内環境が整っていないと、吸ったホコリやばい菌などが腸でアレルギーを起こして腫れてしまい、お腹ポッコリになってしまうことが最近になってわかったそうです。

舌をチェックするというのは、腸が腫れている人は同じく粘膜である舌も荒れがちで、歯の跡がなかなか取れないんだそうです。

ということで、自分のタイプがわかったところで次のページからその対処法を見ていきましょう。