「体重セーフ!」
でも、ブヨ腹・タレ尻・厚い背肉が?!

イメージ
体重計の数値にだけ気をとられると、知らず知らずに“たるみボディ”になってるかも?!
若いころの体型をキープしようと、毎日体重体脂肪計に乗っている方はきっと多いはず。もちろん、余分な脂肪を増やさないために、体重や体脂肪をチェックすることはいいことですが、それだけでは不十分。だって、体重や体脂肪の数字がまったく変わらなくても、歳とともに肉のつき方が変わってきたり、肌のツヤがなくなってきたりするからです。いくら体重は問題なくても、こんなボディは“肉体美”とは呼べません!

そう、本当の“肉体美”とは体重体脂肪計だけでは量れないもの。それよりもむしろボディライン、お肌の色ツヤや、全体から滲み出るオーラやフェロモンが重要なのではないでしょうか。

では、そんな“極上フェロモンボディ”をつくるにはどうしたらいいのでしょう? それには、まず“自分のカラダを知ること”が大切。週に1度の「ヌードチェックタイム」をつくり、カラダのタルミやゆがみ、肌の色ツヤなどをしっかりチェックをしてみましょう。

これまで自分のヌードチェックをしてこなかった方には、ちょっと恥ずかしいかもしれません。しかし、現実の自分を直視し、カラダの課題を見出せなければ、何をしなければならないのか知ることもできません!



CONTENTS
1ページ目:週に1度はヌードチェックを!
2ページ目:鏡の前のあなたのヌード。ここをチェック!
3ページ目:ヌードに問題を発見したら、これらの対処法で即効ケア!



週に1度はヌードチェックを!

イメージ
“フェロモン力”はボディデザインで決まる!
ボディチェックは大きな鏡に、できれば全裸で全身をくまなく映すことから始まります。
「自分の裸はお風呂で毎日見ています」という方もいるでしょう。でも、チェックしようという「意識」を持って見るのとそうでないのとでは、見るべきポイントも違いますし、「キレイになるぞ」オーラにも次第に差が出てくるというもの。では、見るべきポイントについて説明していきますね!


鏡の前のあなたのヌード。 どこを確認するべきかをご紹介します!>>次のページへ