ガイドに寄せられた一通の楽しい質問メール。「質問なのですが 英語でpeachというと、女性に対する 褒め言葉と聞いたことがあります。 例えば She is a peach. は「とてもステキな人!」等。フランス語でもそのような意味で使えるのでしょうか? 」(T.Mさん)

先の質問にある英語表現に関しては、辞書にこそのっているものの、現在ではほとんど使われていないようで、この表現にぴったりあてはまるフランス語表現はないとのことでしたが……。

せっかくおよせいただいたご質問。そのままにしておくのは、あまりにも「もったいない!」ということで、今回は、「フルーツを使ったフランス語表現」をフランス人に徹底調査。その中でも日常会話で普通に使う表現を選んでいただきました。T.Mさん、御協力いただいたみなさん!本当にありがとうございました。

ソフトなイメージはもはやなし?:桃編

peche
甘~くやさしいイメージのpêche
それでは、ご質問いただいた「ピーチ」からまいりましょう。

  • une pêche(ユヌ ぺシュ/一撃)

  • やさしい、ソフトなイメージがある桃ですが、フランス語の世界に足を踏み入れると、il m'a mis une pêche.(彼は私をなぐった)、 il a ramassé une pêche.(彼は一発食らった)という風に、「痛いもの」となってしまうようです。pêcheのもつ色や、形が殴られた跡を思いおこさせるのかもしれませんね。

  • avoir la pêche(アウ゛ワール ラ ペシュ/元気である)

  • avoirは、「持っている」という意味なので、直訳は「桃を持っている」。スタンダードな表現で同じ意味をあらわすものに、être en pleine formese sentir plein d'énergieなどがある。見知らぬ人に、「Vous avez la pêche?」(元気ですか?)と問われても、別に桃をほしがっているわけではないのでご注意を。

    なすびとプラムの不可解な関係とは?:プラム編

    さて、Vous avez la pêche?と聞かれて「prune(プリュヌ/すもも)ぐらい」と答えてもウケるかどうかは知りませんが(試してみてください)、「もも」つながりで、「プラム」を使った表現をみてみるとこれがなかなかのくせ者です。

  • pour des prunes(プール デ プリュヌ/無駄に)

  • pourは「~のために」という意味を持つ前置詞。直訳は、「プラムのために」。pour rienが、スタンダードなフランス語で、travailler(トラヴァイエ/働く)、compter(コンテ/数える・考慮に入れる)のような動詞といっしょに使います。

  • secouer comme un prunier(スクエ コム アン プリュニエ/強く揺さぶる・しかりつける)

  • secouer は「揺さぶる」、commeは「~のように」という意味。prunierは「プラムの木」のことで、直訳は「プラムの木のように揺さぶる」。熟したプラムを木から落とすためにはげしくゆさぶることから。
    aubergine
    Aubergine(なすび)にはご用心!


  • prendre une prune(プランドル ユヌ プリュヌ/違反をとられる)

  • この場合のpruneは、contravention(コントラヴァンシオン/違反・駐車違反きっぷ)の意味。Je me suis garlé en stationnement interdit, j'ai pris une prune.(駐車禁止区域に車をとめてたら、違反きっぷをきられた)というような感じで使う。それでは、意地悪な質問を一つ。次の文はどういう意味でしょう?

    L'aubergine m'a collé une prune. (直訳:なすびがわたしにプラムをくっつけた。)

    さてさて、「なんじゃそりゃ???」という感じですが、aubergine (オーベルジーヌ)という名詞は、「なすび」を表すと同時に、かつて「なすび」色の制服を身にまとい、活躍していたフランスの「駐車違反取締の女性」のことをさします。現在は制服の色も変わり、pervenche(ペルヴァンシュ/ツルニチソウ)に変化。Pruneについては、解説済みですので想像はつくでしょう。

    「駐車違反取締の女性に違反きっぷを貼られた。」が正解でした。

    あまりにもの、わけのわからなさ加減にちゃぶ台をひっくり返したくなってしまった方、スミマセン。

    次ページのお題は、歴史の重みを感じさせられる「りんご」編です。