準備万端でフランス旅行にでかけても、フランス語のメニューが読めなくて困ったという話はよく聞きます。英語と同じような単語のものしか注文できなかった、思っていたのと全然違っていた料理がでてきてしまったなど、せっかくの旅先で残念な思いをするのはもったいないですよね。

確かにフランス語のメニューをすべて理解するには、かなりの料理の知識とフランス語の知識が必要です。とはいえ、ポイントをしぼってみるとメニューを読みとくのはそれほど難しくはありません。まず最初に、食べたい料理のフランス語名を覚えること。次に、調理法と素材名を覚えること。そして最後に、「素材名+調理法=料理名」というメニューの構成パターンを理解しておくこと。それでは、これら3つのポイントを押さえつつ、早速フランス語メニュー読解にチャレンジしてみましょう。

ポイント1:まずは、食べたい料理のフランス語から覚えよう!

Mouffetard
フランスに行ったらぜひとも味わってみたいジビエ(鳥獣の肉)
この「ポイント1」はものすごく当たり前のことのように思えるかもしれませんが、意外とハマってしまうのが、真面目にオードブルから素材名をひとつひとつ暗記していこうというパターンです。語学学習でもそうなのですが、片っ端から旅行会話集を暗記してしまおうというやる気マンマンの人が陥りやすいミステイクです。驚異的な記憶術を身に付けている方は別として、そんなことをしていると餓死の恐れあり(!?)

イタリアに行ったらならピザやスパゲティーを、中国に行ったなら北京ダックにふかひれスープを、とその国ならではの食べてみたいお料理というのは必ず存在するはず。では、おフランスと言えば……

まずは、誰もが頭に思い浮かべるCaviar(キャビア)・Fois gras(フォアグラ)・Truffe(トリュフ)の3品。そして、一度は食べておきたいEscargots(エスカルゴ)。これらの素材名はカタカナフランス語でいけますので,綴りを確認しておきましょう。

次にビストロなどで楽しめる庶民の味。フランスならではの家庭料理の名前はそのまま暗記するべし。

とり肉を赤ワインで煮込んだCoq au Vin(コッコ ヴァン)、子牛の肉を薄切りにして焼いたEscalope de Veau (エスカロップ ドゥ ヴォ)、鴨肉をその脂で煮たConfit de Canard (コンフィ ドゥ キャナー) 、日本でもお馴染みのPot-au-feu(ポトフ)など。分厚いヒレ肉のステーキChâteaubriant(シャトーブリアン)や串焼きを意味するBrochette(ブロシェット)などの単語も覚えておきたいですね。

ポイント2:メニューの構成パターンと覚えておきたい素材名をマスター!

menu
フランス語の手書きメニュー 筆記体も勉強しておきたい!
次にマスターしていただきたいのは、フランス料理の基本であるHors-d'œuvre (オードゥブル/前菜)、Plats(プラ/メインディッシュ)、Desserts(デセール/デザート)の三段構成です。気軽に入れるビストロのMenu(ムニュ)と呼ばれる定食がその見本でありますが、フランスの定食はこのHors-d'œuvre(Entrôe アントレ)、Plats、Dessertsからそれぞれ1品ずつ選ぶのが基本です。
(私は初めてのフランス旅行の際に、この3つのタイトルの下に並んでいる料理がすべてでてくるなんてさすがゴージャスなフランス!と感激したものですが、大きな勘違いでした。)

実際、安い学食ですらこの原則は守られており、きちんと3品は食べられるようなしくみになっています。また、フランスの家庭料理の本の中には、レシピごとにHors-d'œuvre、Plats、Dessertsから一品ずつ選んでつくるという構成のものもよく見かけます。

もちろんフルコースとなると、それ以外にもいろいろあるわけですが、とりあえずこの3品で普通の日本人であればお腹はいっぱいになるはず。

というわけで、これらのパターンの中から必要な単語だけを覚えておくというのがフランス語メニュー攻略の近道となります。Dessertsに関しては、ものすごい勢いで、日本のケーキ屋さんなどにもフランス語がはびこっていますから省略いたしますが、次ページにHors-d'œuvre、そしてPoisson(ポワソン/魚)とViande(ヴィアンドゥ/肉)の2種類からなるPlatsでよく使われる素材名をまとめてみましたのでご活用ください。

次のページで、フランス語メニュー読破に必要な基本単語集がみられます。