フランス旅行でトラブル時に役立つフランス語を集めました!

旅行中には「絶対に避けたい」と思いつつも、思いがけないことや困ったことに遭遇してしまうことがあります。ここでは、困ったときに使えるフランス語と万一のときに役立つ小さなポイントをご紹介します。
 

「助けて!誰か日本語を話せますか?」をフランス語で!読み方と例文

道でスリにあった、転んで動けなくなってしまったなどの「困ったとき」に使えるのが、次の3つのセリフです。

・たすけて
Au secours. (オ スクーる)

・助けてください
Aidez-moi, s'il vous plait. (エデ モワ シル ヴ プレ)

・だれか日本語を話せる人はいますか
Y a-t-il quelqu'un qui parle japonais ? (ヤ ティル ケルカン キ パるル ジャポネ)

日本語で「たすけて」「スリだ」と大声を出すこともかなり効果があります。すぐに手助けの必要な困った時には、迷わず大声で叫んでください。
 

アトンシオン!と言われたらスリ警戒!フランスでスリに合わない方法

Attention ! (アトンシオン)

と言われたら、「気をつけて(ください)」ということです。バッグが開いているのか、スリの現場なのか、瞬時に見極めてください。
 

イメージ画像

夜間の一人歩きは避けましょう


「日常から離れている」という開放感と、それでいて、外国にいる不安感のないまぜになった表情をしているのでしょうか。どこの国でも観光客はスリのターゲットになりやすいもので、外国人でも同じです。ガイドブックを見ながらキョロキョロと道を探したり、不安気な様子で歩いたりするのではなく、毅然とした態度を心がけましょう。

  • 財布を後ろのポケットに入れない
  • スマートフォンなどを手に持ちながら歩かない
  • バッグを前にくるように持つ
  • バッグを開けてすぐの位置に貴重品を置かない
  • 持ち物 (特に貴重品) を分散する
  • 夜間の一人歩きを避ける
  • など、ちょっとした心がけで防げる場合もあります。チェックしてみてください。 
 

物を失くしたときに使えるフランス語

どういう訳か、自分で置き忘れたり、失くしてしまうのが旅の途中です。

・~をなくしました
J'ai perdu ~. (ジェ ペるデュ ~)
~の部分には失くしたものを入れてください。

パスポート mon passeport (モン パスポーる)
クレジット・カード ma carte crédit (マ カるト クれディ)
携帯電話 mon téléphone portable (モン テレフォン ポるタブル)

道に迷ったときも似たような言い方です。
・道に迷ってしまいました
Je me suis perdu(e). (ジュ ム スゥイ ペるデュ)
※(e) は、女性の場合です。発音に変化はありません。
 

旅の準備にプラスアルファ

出発前にあらかじめ用意すると、万一のときに便利なものがあります。

  • パスポートのコピー
  • クレジットカードのコピー
  • 緊急連絡先の控え
  • 顔写真
など、紛失・盗難の際に再発行の手続きなどで現地で必要になるものです。紙のコピーを用意して、カギのかかるスーツケースに保管しておくなどの対策を考えられるといいでしょう。ネットカフェに飛び込んで、データを取り出すということも可能ですが、その場合はデータが洩れないような注意が必要になります。
 

ホテルでのトラブルに対応できるフランス語集

ホテルの部屋でのトラブルも考えられます。

・カギを部屋の中に置いてきてしまいました
J’ai laissé ma clef dans ma chambre.
(ジェ レセ マ クレ ドン マ シャンブる)

・湯船のお湯をあふれさせてしまいました
 J'ai fait déborder la baignoire.
(ジェ フェ デボるデーる ラ ベニョワーる)

部屋の設備が故障などで動かないことがあります。

・~がよく動きません
~ ne fonctionne pas bien. (~ ヌ フォンクションヌ パ ビヤン)
の部分には部屋の備品の名前を入れてください。

テレビ La télévision (ラ テレヴィジョン)
エアコン La climatisation (ラ クリマティザシオン)
トイレの水洗 La chasse d’eau (ラ シャス ドー)
照明 La lumière (ラ リュミエーる)

普段と違う環境に置かれると、疲れやすく体調を崩しがちになります。疲れると、気も散漫になり、トラブルの元を作ってしまいます。

睡眠を十分とり、体調を整え、健康管理をすることでもトラブルは防げます。楽しい旅をお過ごしください。

※発音表記は、区別をするために、R の音はひらがなで、L の音はカタカナで表示しています。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。