フランス語がどんな言語かもなんとなくわかった。Alphabetも覚えた。辞書も準備した。綴り字と音の関係アクサンの意味も一通り理解した。今回は、フランス語を本格的に勉強する準備が整った方の次の一歩、フランス語の主語人称代名詞についてお勉強していきましょう。

フランス語の主語人称代名詞って?

主語人称代名詞という言葉を使うとなんだか難しそうな感じがしますが、英語でいうところのI, You, He, She……つまり、自分で文を作るために絶対必要である主語となる名詞の代わりをする語です。英語学習を思い出してみていただければ、こうした主語人称代名詞の重要さはお分かりいただけますね。それでは、以下の表を見ながら少しずつ確認していきましょう。
pronoms personnels

Les pronoms personnels

基本となるのは、je(ジュ), tu(テュ), il(イル) , elle(エル), nous(ヌ), vous(ヴ), ils(イル), elles(エル)というこの8パターンです。

フラゴの「私」は省略に注意

それでは、フランス語の「私」にあたる je(ジュ)からみてみましょう。ここにはなぜか、jeとj’という2種類の表記がありますね。フランス語では通常はjeの方を使いますが、jeの次に母音、もしくは無音のhで始まる単語がくる場合には、j'と省略(エリジョン)します。英語のIと異なり、jeは文頭以外では大文字になりません。また、jeは唇を丸めて前へ突き出し、舌先を上あごにつけず反らせて発音します。日本語風に発音すると2人称のtu(テュ)と間違われることが多いので意識しておきましょう。

次に、「私たち」を意味するnousは、話言葉ではon(オン)という不定代名詞で頻繁に用いられます。ただしその場合、意味は「私たち」という複数でも、動詞の活用は三人称単数となるので注意してください!

三人称は人にもモノにも

三人称を表すil(イル), elle(エル), ils(イル), elles(エル)ですが、これらの主語代名詞はヒトを表す、彼、彼女、彼ら、彼女らという意味のときだけでなく、男性名詞・女性名詞を表すとき、つまり「それ、それら」の意味でも使います。ilとils, elleとellesの読み方は同じであることにも注意してください。また、数の多少に関係なく、男(性名詞)+女(性名詞)=男性複数(名詞)となり、ilsを用いることも併せて押さえておきましょう。

次ページでは、気になるtuとvousの使い分けをみてみましょう。