遺伝子・細胞を傷つける7つの主要な原因

画像の代替テキスト
皮をむいたバナナやリンゴが黒ずむのは、空気に触れて酸化するため。
私たちの遺伝子や細胞を傷つける要因としては次のようなものがあります。

  • 加齢……年齢とともに老化する細胞が間違った遺伝子情報を作って分裂してしまう。
  • 酸化と活性酸素……呼吸などの生命活動を続けるうちに細胞を傷をつける活性酸素が増えてしまう。
  • 紫外線……紫外線が直接的に細胞を傷つけたり、活性酸素を増やすことで、細胞にダメージを与える。
  • 化学物質……排気ガス、有害物質などが体の中に入ることによって、細胞を傷つける。
  • ウイルス感染…ウイルスが体内に侵入することによって、細胞を傷つける。
  • 炎症反応……体の中で炎症を起きることで、細胞を傷つける。
  • ストレス…ショック状態や強いストレスなどで、細胞の老化や遺伝子の変異を起こす。



  • 遺伝子や細胞を傷つけない

    画像の代替テキスト
    疲れやストレスも細胞や遺伝子を傷つけるもとになります。
    アンチエイジング研究の中で、遺伝子は、もっとも注目されるトピックの1つです。

    その理由は、私たちの体が設計図どおりに設計(大人になってからは「リフォーム」)されているかどうかによって、老化を早まらせたり、遅らせたりができるかもしれないと考えられているからです。

    上に挙げた「遺伝子を傷つける7つの主要な原因」を作らないような生活を心がけ、大人になってからは、肌のリフォーム力を保つことが、肌のアンチエイジングに必要不可欠だといえるでしょう。


    肌細胞や遺伝子を傷つけないポイント

    画像の代替テキスト
    食事や運動などで細胞を傷つける要因を体に排出しよう。
    肌の老化を予防するためにも、皮膚の細胞や遺伝子を傷つけないことが重要です。

    そのために注意したいポイントは次の通りです。

  • 皮膚細胞が栄養不足になって、早く老化しないように、バランスの取れた食事で栄養を補給する。
  • 食事から摂った栄養が肌まで届くように、血液の流れを促進する。
  • 紫外線による光老化を予防するための日焼け対策を万全に行う。
  • 紫外線やストレスなどを過剰に受けて、活性酸素を発生させない。
  • 皮膚細胞に発生した活性酸素は、速やかに除去する。
  • ニキビや吹き出物など、肌荒れによる皮膚の炎症を起こさない。
  • 肌の新陳代謝の周期が乱れないように、代謝が活発な夜10時から2時くらいまでの間は寝るようにして、十分な睡眠をとる。
  • 運動や入浴などで、汗をかいたり、血行を促進して、老廃物を溜めないようにする。



  • 【関連ページ】
    「エイジングケアは紫外線対策から」
    「光老化を悪化させる2つの紫外線」
    「3年後の肌で差をつける乾燥肌の10分ケア」
    「20代のゆるみ肌は肌老化の黄色信号」

    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。