ふっくらときめ細かい身がとてもおいしい真鯛の塩焼き。一匹丸ごと塩焼きにしてもよいですが、大きい鯛が手に入ったときは、半身は刺身、もう半身を塩焼きにして楽しむのがおすすめです。

下処理の仕方はこちらの記事に書きました。 鯛を三枚におろすところは、刺身の作り方の記事にも書きましたが、一応もう一度書いておきます。

鯛をおろす

頭を落とす 腹側に包丁を入れる。
頭を落とす→ 腹側から包丁を入れる
背から 2枚おろし
続いて背から→ 切り離す
まずは胸びれの根元から斜めに包丁をいれ頭を落とします。続いて、腹側の尾のほうから、刃先が骨に当たっている感触を確認しながら中骨に達するまで包丁を入れます。内臓を包んでいた腹骨は断ち切ります。

背側は頭のほうから、同様に包丁を入れ、切り離します。これで準備はOK。大きければ、胸側と尾側とに縦に切り分けます。