■スパゲティ・ボロネーゼを仕上げる

材料(1人前)
・ボロネーゼソース ~好みの量
・パスタ ~好みのものを好みの量。1.7mm以上の太めが合う。
・粗塩 一握り
・バター ひとかけ(5gぐらい?)
・パルメザンチーズ ~挽いたものを一握り以上

9.フライパンにボロネーゼソースを好みの分量入れ、火にかけて温める。強火のままだと焦げてしまうので火加減に気をつける。



10.
たっぷりのお湯を沸かし、粗塩を一握りいれてパスタを茹でる。パスタは好みの茹で加減でいいが、当然ここはキッチリとアルデンテで行きたい。

※ 途中、ソースの濃度調節用に茹で汁をカップ一杯程度とっておくとよい。

11.パスタが茹で上がったら、ボロネーゼソースにバターを加えてから、パルメザンチーズを一握り振りいれ、パスタを一気にあえる。
あえながらソースの濃度を見て、水分が足りないようなら茹で汁で調整する。



バター、チーズともに自分好みの分量でOK。いずれも大目に入れるとコクが増す。
特にパルメザンチーズは、“ウソッ!”ってくらいたっぷり入れると本当に旨い。



肉の旨みが凝縮されたボロネーゼソースのパスタは、“腹ペコ”のときに一気に食べたいもの。
生半可なものじゃあ満足できないような空腹にも、十分な手ごたえで満足感(満腹感?)を与えてくれる。

バターとチーズでさらにコクを増して、ディープな旨みを楽しもう。

ボロネーゼソースは、スパゲティのほかに、グラタンあるいはドリアなどのソースとしても威力を発揮する。

一晩自然にさましたボロネーゼは、冷凍して保存しておくのが一番だ。
ジプロックなどの密封保存袋に一回で使う分ごとにわけて入れ、そのまま冷凍する。あまり長く冷凍しておくと味と風味が落ちるが、まあ1ヶ月ぐらいなら大丈夫だろう。

一度にたくさん作った方が味もよくなるので、少なくとも肉1kg分は作って、残りはキチンと冷凍保存しておこう。


ガイドの料理本、好評発売中です!


 

このコラムを書いているガイドが、毎週、新着コラム・おすすめ情報をメルマガでお知らせ。メルマガだけのとっておき情報も。
メルマガ登録は こちら→

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。