欧米の会議では、自分の意見をはっきり言うことが大切!

英語の会議では、自分の意見をハッキリ述べることが大切

英語の会議では、自分の意見をハッキリ述べることが大切

ここでは、会議で使う英語表現の中でも、司会進行と意見表明にスポットを当て、議論をスムーズに進めるための表現を中心にあつかいます。

欧米では、会議は、報告ではなく、問題解決の場として認識されています。

従って、議論や、意見の対立は、むしろ歓迎される傾向にあります。それをいかにうまくマネージするかが、司会者(Chairperson)の腕の見せ所と言えるでしょう。

それぞれの会議の内容によって使う英語も若干異なりますが、日常・会社で使う機会の多い、ややフォーマルな表現のフレーズを取り上げます。

【INDEX】
  1. 司会進行の英語表現
  2. 反対意見と賛成の表現の仕方
 

司会進行のための英語表現

■討議をスタートさせる(Opening a Discussion)

Does anyone have any comments on that?
(この点に関し、どなたかご意見はございませんか?)

Does anyone have any ideas regarding this matter?
(この件につき、どなたかご意見はありませんか?)

How does that sound to you?
(これについては、いかがですか?)

Mr. / Ms.~, do you habe anything to add on this topic?
(~さん、この件について何か付け加えることは?)

Are there any questions?
(他にご質問はございませんか?)

■発言者の意見を評価する(Appreciating the Opinions)

Thank you for mentioning that.
(それについて、言って下さり、有難うございます。)

Thank you for letting us know about that.
(その点を、知らせてくださり、有難うございます。)

That's a good point.
(それは、よいご意見ですね。)

I appreciate your contributions.
(あなたの貢献に感謝いたします。)

■発現・議論をマネージする
Let us then, hear Mr. / Ms.~ has to say on that.
(では、この点につき、~さんのご意見もうかがいましょう。)

Mr. / Ms.~, you seem to have some objection on this matter......
(~さん、この点に関しては異議をお持ちのようですが……)

Mr. / Ms.~, would you explain why?
(~さん、その理由を説明していただけませんか?)

Would you tell us briefly?
(かいつまんで、お話しいただけますか?)

Does anyone have further information on this issur?
(この点について、さらにお話しいただける方はいらっしゃいますか?)

We need to hear from everyone.
(皆さん全員のご意見をうかがいたいと思います。)

May I have your attention, please?
(お静かに願います。)

注:
Call to order. / May we come to order, please.
(ご静粛に!)
という表現がありますが、非常にフォーマルな国際会議などでの表現で、通常の会社の会議には似つかわしくないと言えます。