会議の英語会議で使う英語表現は3種類ある

日産をはじめ、日本の企業でもグローバル化と、国際ビジネスで活躍できる人材育成のために、会議の公用語を英語にする企業が増えてきました。

今回は、「会議で使う英語表現集 No.1」と題して、会議開始から、議論までの表現を中心にお届けいたします。

ビジネス・ミーティングには、大きく分けて3つの種類があります。

1・国際会議等、極めてフォーマルなもの
2・会社で通常開かれるセミ・フォーマルなもの
3・ビジネス・ランチ等でのイン・フォーマルなもの


それぞれの会議の内容によって、使う英語も若干異なってきます。
今回は、1番目と3番目を除く、日常、会社で使う機会の多い、2番目のややフォーマルな表現を取り上げます。


会議をはじめる(Opening a Meeting)
会議の英語Good morning/(afternoon) everyone/(ladies &) gentlemen.
(みなさん、おはようございます。)

I think we should make a start.
(会議を始めましょう。)

Let's get started with ~(名詞)
Let us begin with ~(名詞)
(~から、始めましょう。)

I would like to begin by ~ing
(~から始めたいと思います。)

会議の目的を告げる(Announcing the purpose of the Meeting)
会議の英語The purpose of this meeting is to discuss ~
(この会議の目的は、~を議論するためです。)

The reason I have called this meeting is to ~
(この会議を招集した目的は・・)

We are here today to discuss (the)~
(今日は、~を議論するために集まりました。)

議題に入る(Going into Agenda)
会議の英語The agenda for this meeting is as follows:
first ~
followed by ~
Third/finaly ~

(この会議の議題は次のとおりです。1番目に~、次に~、最後に、

Let's move into the first issue.
(それでは最初の議題に入りましょう。)

Mr./Ms. ~, would you start ? (*発表者・提案者がいる場合)
(~さん、はじめていただけますか?)

注:
*The floor is now open.(これより質疑応答に入ります)という表現がありますが、これは大きな国際会議等での、かなりフォーマルな言い方です。狭い会議室では似つかわしくないと言えます。


この後、いよいよ議論と質疑応答に入っていきます。

この具体的な意見・質問の表現については、次回に取り上げます。

第2回は、4月中旬を予定しています。


英語プレゼン
ガイドからのワンポイント・アドヴァイス

映画などで、よく欧米人、特にアメリカ人が、会議や、議論に入る前に、ジョークを言って、その場を和ませるシーンを眼にすることがあります。(勿論実際の場面でも)とてもかっこいいですよね。しかし、安易に真似をするのは危険です。よほど慣れていない限り、かえって場を白けさせたり、発音の間違い一つで、出席者のひんしゅくを買う場合さえあります。Non-Native-speakerの場合には、上記のような流れで、オーソドックスに始めるのが無難です。

【関連ガイド記事】
「英語プレゼンの基本フォーマット」
「英文電子メール書き出しの一文!」
「英語電話応対マニュアルNo.1」


【ビジネス英語講座】
【ビジネス英語講座】
Vol.1「英文電子メールの書き方」
Vol.2「英文FAXの書き方-表書き編-」
Vol.3「初めて選ぶ『英文ビジネス雑誌』」
Vol.4「ビジネス英語単語帳 Vol.1」
Vol.5「英文電子メール表現集Vol.1」
Vol.6「英文ビジネス文書作成の基礎1」
Vol.7「英文履歴書の書き方 基本編1」
Vol.8「英文履歴書の書き方 基本編2」
Vol.9「グッとくる!英文履歴書単語集」
Vol.10「役立つレジュメの英単語-名詞編」
Vol.11「英語プレゼン決めの一言」
Vol.12「英語プレゼンの基本フォーマット」
Vol.13「英語プレゼン切り出しの表現集」
Vol.14「英文電子メール書き出しの一文!」
Vol.15「英語プレゼンR・L発音克服法!」





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。