月の不思議から力をもらう!

02.jpg
月を見上げるとほっとしたり、感傷的になったり・・・なぜでしょうか。

昔~昔、その昔から・・・月には何か不思議なパワーがあると信じられてきました。

よく耳にする話ですが、満月のときには出産や交通事故が多い、とか、女性の生理は月の満ち欠けに影響を受ける、とか・・・。現在では科学的な実証も進んでいるようですが、ともかく、月を眺めたときに感じる心の静寂や、興奮、嬉しさやせつなさ・・・太陽よりもわたしたちに強い印象を与えて止まないのが月です。ガイドも、子どもの頃、ひとりベランダで月を眺めるのが大好きな(暗い!?)子どもでした。なぜか、惹かれるのです。どうしても見たいのですね、突然。

そんな不思議な魅力がある「月」からパワーをもらうテラピーを『ムーンテラピー』といいます。

折りしも季節はお月見。中秋の名月や十六夜があるシーズンは一年でもっとも月を意識するときです。月とアロマを関連づけて、癒し効果を高めてみませんか。

月の満ち欠け


今回は簡単な月の満ち欠けと、その時期にマッチしたエッセンシャルオイルをご紹介します。その時期にそのオイルを使うことで、月のパワーを高めたり、逆に抑えるような結果を期待していきます。それによって、自分の体と心の声に敏感に耳を傾けることができ、感性が高まっていきます。自然を意識するLOHASな生き方ともしっくりと馴染みます。

太陽は男性の象徴。一方、女性は古来から月を象徴する存在とされてきました。そのため、普段から月を意識することで、女性性をより肯定的に受け止めることができるようになるのではないでしょうか。さらにそこに五感を刺激するアロマを使うことで、より感受性を高めて、相乗効果を期待しましょう。

では次のページから、月の満ち欠け&オイルと使い方をご紹介していきます。