ふと見たニュース番組で【アロマテラピーで火事】という文字。一体アロマテラピーで火事とはどういうことでしょう。


それは、アロマテラピー実践法のもっともメジャーな芳香浴で使うアロマポット(キャンドル式)が、ボヤの原因になっているということでした。数年前から、アロマポットの誤った使い方で火事になりかけたという話は聞いたことがありましたが、アロマテラピーがメジャーになってきた今、またこのような危険な話が出てきました。

アロマポット(キャンドル式)で芳香を楽しむ際には、直火を使うという意識をもつことが大切です。そして何より普通のキャンドルだけを楽しむ際とは違い、直火であるキャンドルの上にトレイ(お皿)があります。そして、そこに引火性のあるエッセンシャルオイル(精油)を入れるわけです。

この2点において、食卓を演出するためなどにキャンドルを灯す場合とは大きく違います。普通のキャンドルスタンドは、上にトレイを置く事などありません。もちろんエッセンシャルオイルも入れませんよね。

安全で快適に芳香を楽しむため、火事を防ぐアロマポットの使用方法を取り上げます。



~安全なアロマテラピーは次のページで!~