”パーティシーズンにはネイルカラーも欠かせない。だけどネイルカラーをずーっとしてると、爪が疲れてきますね。特にリムーバー(除光液)は爪には負担です。マニキュアを塗った美しさは他にお任せして、アロマテラピーでは、なんにもつけていない爪をキレイにするケア方法を紹介します。”


*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

爪は皮膚や毛と同じ細胞に由来し、かたい角質化した死んだ細胞からできています。手や足の指先を保護し、指の運動にも関係しています。ちゃんとした体のひとつの器官です。感覚がないからといって邪険にしないでくださいね!


爪の変色、過剰な乾燥にご注意
ネイルカラーを取る際に使うリムーバー。多くのりムーバーには爪を乾燥させる成分が入っているといいます。そのため、何度もリムーバーを使うことによって爪の乾燥がすすみ、爪の色が黄色くなったり、2枚爪の原因にもなりかねません。


ケア方法のポイント
ネイルケアとしては、
・ベースコートを必ず塗り、一度塗ったネイルカラーをできるだけもたせるようにする。
・ネイルカラーの頻繁な塗り替はなるべく避けて、リムーバーの使用は1週間に1度くらいを目安に。


美しい爪になるためのアロマテラピー
(1)爪が作られているのは、爪の付け根にある爪母(そうぼ)細胞。ここの細胞に栄養を与えて、働きを活性化してやります。エッセンシャルオイルの中には、細胞分裂を活性化させるものがあります。またマッサージによって血行が良くなれば、栄養分も多く爪母細胞へ届きます。そのことによって新しい爪を伸ばす手助けをするわけです。

(2)保湿作用のあるキャリアオイルを使用し、爪や皮膚の乾燥を防ぎます。また、乾燥してしまった爪や皮膚に潤いを与えます。



では、具体的に次のページでネイル・アロマトリートメントをお教えします!