■利用方法
作ったアロマバスソルトを浴槽に入れてよく混ぜ溶かし、入浴します。すぐに溶けなくてもしばらく置いておけばきれいに溶けます。もちろん全身お風呂に浸からなくても、最近人気の半身浴や、足浴でもオッケーです。

■注意事項
・敏感肌の方はご注意下さい。肌がチクチクしたり異常があった場合は使うのを中止して下さい。
・作ったアロマバスソルトのうち、一回の入浴で使用するのは今回作った量かそれ以下にしましょう。塩の力は強烈です。またエッセンシャルオイルの分量も多ければいいというものではありません。
・エッセンシャルオイルは劣化します。したがって、今回のアロマバスソルトも使う分だけを作りましょう。万が一残ってしまった場合には、陶器かガラス製の密閉容器で保存し、なるべく早く使い切ります。
・お風呂によっては(24時間風呂などの場合)使えませんので、ご注意下さい。


■エッセンシャルオイル選び(4滴の場合の分量)
A)ジュニパーベリー2滴&サイプレス2滴
B)マンダリン2滴&グレープフルーツ2滴
C)ラベンダー2滴&パルマローザ2滴


まずAブレンド。メジャーなこのブレンドにおいて、ジュニパーベリーは泌尿器系に働きかけ、汗が気になる足のお手入れにサイプレスが活躍してくれます。

Bブレンド。これは人気の香りを組みあせてみました。マンダリンは脂肪の消化を助け、グレープフルーツは体内の水分の滞りを解消する助けとなります。

Cブレンド。ラベンダーを入れると、身体のバランス調整機能が高まります。更にパルマローザを入れて肌の水分バランス機能調節も期待して。



以上のエッセンシャルオイルと塩の力の相乗効果を狙ったアロマバスソルト。
一度お試しあれ!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。