個人情報満載

個人情報満載
個人情報満載
(やはりそういうことか)と、思わず舌打ちをしそうになった。どうしたらいいのだろうか?

「なるほど。お礼は言うべきですよね」

お礼をする、ではなく、お礼を言う、と気をつけて答えた。

「でしょ? だから、この電話の持ち主が取りに来るようになんとか伝えてくださいよ」

伊藤は頭の中で急いで考えた。後輩の中川は気のいいやつだが、気は弱い。体力もなければ腕力もない。元ヤンキーといっても、喧嘩も強くない。伊藤は数種類の武道の経験があり、格闘系だった。不良時代、見事な立ち回りをする伊藤のそばで、中川は物陰から見ているようなタイプだった。そんな中川が、携帯電話を拾ったからお礼をしろ、というような人物に呼び出されて一人で携帯電話を取りに行けるはずがない。

だが、携帯電話には個人情報がてんこ盛りだ。家族・友人・知人たちの電話番号にメールアドレス。電話とメールの発着信履歴などがある。たとえ、電話会社に電話をして、使用停止にしてもらったとしても、それらの記録は残ったままになる。停止して電話は使えなくなっても、記録のある人たちに何かヘンなことや、いやがらせでもしないだろうか? こいつらなら何かやるかもしれない。どうしたらいいだろう。

「そうですか。ただアイツは、その携帯の持ち主は今からは取りに行けないと思うんですよ。ちょっと遠方に行くって言っていたんで。それに携帯を持っていないわけだから、私もちょっと連絡は取れないですね。だからいつになるか分からないというか」

「ああ、いつでもかまわないよ、こっちは。まあ、誰かこの携帯の持ち主のお友だちの親切な人でも、取りに来るのが一番いいと思うけどね。ほかの人にかけてみるかな。女性が取りに来てくれるならそれもいいな。これ、アドレス帳も見られるようになってるしね」

やはり、どうもろくでもないことを考えているようだ。

「……。たしかに携帯がないと困ると思います。わかりました。じゃ、オレが行きます。どこに行けばいいですか?」

「あ、そう? まあ、あんたでもこっちはいいよ。そうだな。じゃ、○○駅前でどうですかね。この携帯を拾った近くだし」

「○○駅前ですね? じゃあ、30分くらいで着くと思います。どのへんで待っていていただけますか?」

「30分も待つんだから、北口のその辺の店に入って待ってるよ。着いたらこの携帯に電話してみてよ」

「わかりました。それじゃ」

電話を切って、しばらく考えた。衛星都市の○○駅の北口といえば、南口とは違って飲み屋なども多い繁華街だ。いい雰囲気ではない。それにすでに夜なので、喫茶店というわけにもいかないかもしれない。

(金を要求するんだろうな。それまでに電話も使うだろう。Q2だとかアダルトサイトだとか、ヘンなことに使わなきゃいいが)

いやな予感がしながら、職場を出た。友だちを呼ぼうかと思ったが、複数で行くのもかえって相手を刺激するかもしれない。(とにかく一人で行ってみよう)。伊藤は、知らず知らずのうちに両手の指をポキポキと鳴らしていた。


続きは「携帯電話紛失! 拾った相手が悪かった(中)で!





【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で防犯グッズを見る

Amazonで防犯グッズを見る



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。