女性の下着だけがなくなる?

狙われやすい女性の下着

狙われやすい女性の下着

ベランダに干しておいた洗濯物の内、女性用の下着だけがなくなっていた……という被害はどの地域でも発生しうるものです。たとえ洗濯物であっても、それを持ち主に黙って盗むことは、まぎれもない「窃盗犯罪」です。一般的には「下着泥棒」といいますが、犯罪分類上は「色情盗」と呼ばれます。「下着泥棒」という言葉があるくらい、昔から多発していると考えてもいいのでしょう。

多くは建物1階での被害ですが、2階であっても、あるいはそれ以上の高層階であっても、場所によっては被害に遭い得ます。他人の目に付いて、手やある種の道具を使って奪うことのできる状態にある洗濯物はいつでも被害に遭う恐れがあるといえます。

これまでにも、釣竿やそれに類した長い棒状の道具を使って犯行に及んだ例もあります。洗濯ばさみで止められてあっても、強引に引っ張れば取れる場合があるのです。もちろん、ベランダの手すり越しに手で洗濯ばさみをはずして持ち去るのが音もせず、もっとも確実でしょう。

干す場所&干し方チェック!

被害発生?

被害発生?

女性で洗濯物を外に干す人は、干す場所をチェックしましょう。特に1階や2階の低層階に住んでいる人はベランダの外から、誰かが手を伸ばしたり、なんらかの道具を使えば「下着泥棒」の被害=下着だけを盗まれることがないか、確かめることが大切です。物干し場所が2列になっていて内側に干してあっても下着と知られてしまえば被害のおそれがあります。

また、たとえ高層階でも、建物の構造上「L字型」になっているなどして、通路や非常階段などから洗濯物に手を出せる危険性がある場合もあります。オートロックがある建物であっても、誰かについていけば入れる状況では、住人以外の見知らぬ他人が入り込んで悪いことをするかもしれません。あらゆる可能性を考えて、被害に遭わないか検討しましょう。

物干しが二列になっていれば、内側に下着類を干して、他人から見えないようにすることは常識といえそうですが、わざわざ見えるように下着を干すことは避けましょう。そもそも、女性の下着類は外に干さなければ盗まれることはないのです。女性物であれば下着以外の衣類も盗まれるかもしれません。基本的に性別が分かるような衣類は外には干さないのが賢明です。

最近は、「室内干し用」の洗剤なども出ており、屋内、家の中に干すことに対しての抵抗感は低くなっているようです。わざわざ外に干して、何度も下着を盗まれるような状況は、外に干す側にも問題があるのではないかと思われてしまうでしょう。そもそも「外に干す」ことをしなければ盗まれる被害は発生しないのです。下着は他人に見せないものとして外に干さないようにしましょう。

コインランドリーでも要注意

コインランドリーでも要注意

コインランドリーでも要注意

家に洗濯機がない場合、コインランドリーを利用する人もいるようです。洗濯中の洗濯物が盗難被害に遭うこともありますので、洗濯が済むまでの時間を有効に使おうと、買い物に行くなどしてその場を離れるようなことがないように、最初から最後までそばにいるようにしましょう。

女性が一人だけでコインランドリーにいると、不審者が近づいてくる場合もありますので、その場所を利用するときの時間帯や人の行き来に気を使うようにしましょう。どんなものでも個人所有のものを盗まれるのは精神的にショックがあります。ましてや、自分の下着となると、その値段だけでなく、不愉快な点にショックは倍増するはずです。女性で外に干したり、コインランドリーを利用するような人は「下着泥棒」に警戒することです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。