“痴漢”はどこにでも出没しますが、特に電車内での痴漢は、周囲に人がいる中での行為のため、羞恥心から被害者も困惑してなかなか訴え出ることができません。被害に遭わないコツは?

乗車前からチェックして

ターゲットにならない心がまえ
ターゲットにならない心がまえ
混雑した電車内での痴漢行為は、女性にとって不愉快極まりない、悪質な犯罪です。「痴漢は犯罪です!」と、いくら車内ポスターなどで警告してあっても、痴漢はなくなりません。もちろん、犯罪とわかっていてするのですから、容赦は無用です。次の被害者をださないためにも、被害に遭ったら必ず警察に突き出す心がまえでいましょう。

しかし、現実にはなかなか訴え出ることのできない女性が多いようです。「被害に遭ってから、どうしたらいいのか考える」のでは遅すぎます。「被害に遭わないように」事前に考えておくことが大切なのです。まずは、乗車前の整列段階から警戒心を持ちましょう。「降りるときに便利な場所だから」と、いつも同じあたりに並んで同じ車両に乗るようなことは避けましょう。降りるときのことを考えるよりも「痴漢被害に遭わないように」と考えて行動するのです。

できるだけ女性の後ろに並ぶようにして、自分の背後に男性が並んだら振り返ってさりげなく(警戒していますよ)とアピールしましょう。とてもいやな感じがしたら、列を移動して、やはり女性の後ろに並びましょう。つまり、電車に乗り込む前に整列することから、自分の近くに男性がいないように無言でしかし意志のある行動をとるようにするのです。

電車内では回り見て

混雑した電車内に乗客がなだれ込んでも、できるだけ、女性のそばに立つようにしましょう。周囲を女性ばかりで囲まれるようにしてしまえば、少なくとも男性からの痴漢行為には遭いにくくなります。「女性専用車」というのはこの考えを具現化したものです。しかし、最前・最後尾だけに限られているなど限界があるので、通常の車両に乗る場合の警戒の仕方として覚えておきましょう。

やむなく、そばに男性が立っていたときには、顔をそちらに向けて一瞥しましょう。(私に何かしたら許しませんよ)という意思表示です。痴漢は、悪いことをしても知らないふりをしてくれそうな、黙っていてくれそうな女性を狙います。人波に押されて流されているだけではその人に何の意志も感じられません。初めから、ちょっとでも体が触れたらキッと怒りそうな様子の人には手を出さないものです。

ただし、公共の場所ですから、ただ不愉快そうな顔を見せているだけでは潤滑にいかないので、下車するときや乗り込むときでも、混んだ人波を分けて進むような場合は、「すみません」「ごめんなさい」といった言葉をかけるようにするといいでしょう。黙って人にぶつかったり、足を踏んだりしたままだと誰でも愉快ではありません。ほんのひと言で十分なので、心から言うようにしましょう。

痴漢をさせない心がまえ

もし、「あなたは今日、電車内で痴漢に遭うことになっています」と誰かに言われたら、どの時点から警戒を始めるでしょうか? やはり、スカートよりはパンツスタイルのほうが痴漢被害には遭いにくいものです。「いつも痴漢に遭ってイヤになる」という人は、思い切って通勤時はパンツファッションに変えてみましょう。ただそれだけのことで、被害を防ぐ大きな力になるのです。

「スカートじゃなきゃ」と言う人は、手に防犯ブザーを持ったり、何かあったらすぐに声を出す心がまえをしておくことです。「ターゲットにならない努力」をする人は、被害に遭いにくくなることは確実です。無意識にボーっとしているときこそ、狙われやすいので、「混んだ電車内には痴漢がいる」「狙われないようにしなくちゃ」と、意識して警戒心を持って行動することから痴漢対策は始まるのです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。