生兵法は大怪我の元

しっかりと身についていない武術に頼ろうとすると大けがをするだけだという意から、いいかげんな知識や技術に頼って物事を行うと大失敗をするといういましめ。毎日鍛錬、万一安全、護身術をしっかりマスター♪


二度あることは三度ある

同じような事が二度も続いて起これば、もう一度起こる可能性が高いので十分用心すること。痴漢に遭った?また遭う可能性があるので、未然に防ぐコツを覚えておきましょう♪


盗人の隙はあれども守り手の隙はない

泥棒は都合のよいときに機会をみて盗みに入ればいいので時間の余裕があるが、いつ入られるか見張っている方は少しの油断も許されず気の抜ける時がない。盗むのは容易守りは困難


Nothing like being on the safe side.

安全な側にいるにこしたことはない。「君子危うきに近寄らず」危険なことには初めから近寄らない。災いを受けてから後悔するようなことはしないということ。怪しげな店でぼったくり被害?


填(はま)った後で井戸の蓋をする

人が井戸に落ちてから蓋をするという意から、事故が起きてから用心することのたとえ。「泥縄」「転ばぬ先の杖」などと同じ。落ちそうな井戸なら初めから蓋をしておきましょう。防犯とは犯罪を未然に防ぐことです。


人を見たら泥棒と思え

他人はとかく信用できないものだから、まずは用心してかかれということ。甘い言葉で近づく人は、あなたのお金を狙っているかも。火を見れば火事と思えも同じ意味で、何事につけても警戒すべきということ。




ことわざ「防犯」の極意~その1

ことわざ「防犯」の極意~その2

ことわざ「防犯」の極意~その3

ことわざ「防犯」の極意~その4

ことわざ「防犯」の極意~その5

ことわざ「防犯」の極意~その6

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で防犯グッズを見る

Amazonで防犯グッズを見る



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。