誘われてフラフラ…


給料日の夜、44歳の男性T橋さんは同僚や部下たちと飲んで、いい気持ちになって歓楽街を歩いていました。風俗関連の店が立ち並び、通りはそこそこにぎわっています。呼び込みの声もあちらこちらで聞こえます。あらわな姿の女性の写真が張り付けられた立て看板があり、ついニヤニヤとしてしまいます。


「お客さん、いい女の子がいますよ」

と声をかけられても、

「いやぁ、いいよ、おれは」

などと、言いながら一緒に歩いていた気の合う若い部下のY田さんに笑いかけました。

「君は若いから、行けば?」

「いや、T橋さんだってまだお若いじゃないですか」

「おれか? いや、おれもそりゃあ、まだ若いけどな」


と、二人でじゃれあうようにぶらぶらと歩いていました。

「そこのお二人さん、いかがですか」

ビルの間の小道から、男が近づいて来ました。

「かわいい女が待ってますよ、頼みますよ」

と、両手をすり合わせるようにしました。

「すぐそこです。ちょっと引っ込んでいるんで、今日はダメなんですよ。女の子がかわいそうなんで、寄ってくださいよ。頼みます」

「いやあ、ダメだよ、金ないよ」

「そんなこといわないで。安くしときますから」

「安くって、どれぐらい安くしてくれるの?」


と、Y田さんが男に問いかけました。

「お二人で来てくれるなら、勉強しますよ」

二人で、といわれたのでT橋さんは

「なんだ、おれも一緒か? でも、いくらなんだ」

と、まんざらでもない様子です。

「ウチはね、明朗会計が売りなんですよ。120分で一万五千円です。それだけです」

「高いなあ」

「いや、ですから、お二人ご一緒なら、お一人様90分で1万円ポッキリにしておきます」

(1時間半で1万円か。悪くないな)

「本当にいい子がいるの?」

「もう、かわいい子だらけ。今ちょうど二人、ナンバー2と3があいてます。いい子たちですよ、顔を見てやってくださいよ」


Y田さんはというと、鼻の穴をふくらましてかなりその気のようです。

「T橋さん、行きましょうよ」

T橋さんも

「そうかぁ」

などと言いながら、男についていきました。


→待ちかまえているもの
→→クレジットカード!
→→→高い勉強代