ホテルは命と所持金・貴重品を預ける場所

カードキーでも油断禁物

カードキーでも油断禁物

ビジネスや旅行などで宿泊する施設は、そこで眠るということを考えれば、自分の命を預ける場所ということになります。もちろん、所持金や貴重品も室内に置けば同じように預ける形です。小型金庫(=セーフティボックス)があれば、面倒がらずに入れたほうがいいですし、フロントで預かってもらえるシステムがあれば預けたほうが安全でしょう。

住まいの侵入被害でかつて「ピッキング」や「サムターン回し」という手口が平成13~15年頃に多発したことがありました。当時に比べると住宅におけるこの手口による被害は激減しておりますが、客室の錠前の種類によっては侵入被害を受けやすいホテルである場合が考えられます。

ドアノブの中に鍵穴があるタイプは、今では室内用にしか使われないことが多いのですが、これは純正の鍵でなくても、ピッキング用具あるいはちょっとした道具をピッキングして使うことによってドアの鍵を開けられてしまう危険をはらんでいます。古いホテルにはまだこのタイプが見受けられることもあるようです。

では、「カード式キー」ではどうでしょうか? 登録されたカード以外では開錠することができず、しかもカード差込口はあるものの鍵穴はありません。従来の鍵を持ち歩く手間を考えれば、ポケットにスッと入り、かさばらず、デジタル時代の象徴としても、スマートに利用でき、セキュリティレベルも高そうに感じられるでしょう。

しかし、このカード式キーのホテルで、侵入窃盗被害が発生しました。最新式セキュリティシステムとの印象に対して、その手口は、意外にも単純なものだったのです。