フケやかゆみは、頭皮からの警告。放っておくと、頭皮が炎症を起こし、抜け毛・薄毛の原因になってしまうことも。フケとかゆみの原因を探り、早めに対処しましょう。

フケの正体は?

フケ・かゆみの対処法

フケや頭皮のかゆみ、放っておくと抜け毛・薄毛の原因に!


フケとは、頭皮の角質細胞がターンオーバー(皮膚の奥から表面へ押し出され、剥がれ落ちるまでの代謝サイクル)して、表皮から剥がれ落ちたものです。これは健康な状態の頭皮でも起こります。表皮の角質細胞のターンオーバーが正常な時のフケは肉眼では見えない大きさなので、頭皮が健康な状態では目にしないわけです。しかし、ターンオーバーが異常な状態になると、フケは大きくなり、目に見えるようになります。

では、どのような原因でフケが発生するのでしょうか? 次の8つが原因として挙げられます。
1.脱脂力の強いシャンプーの使用
2.爪でひっかいて、頭皮に傷をつけるなど髪の洗い方
3.シャンプー剤が頭皮に残留したことによる炎症
4.パーマ液やカラー液による頭皮への刺激
5.睡眠不足や疲労、ストレスによる体調不良
6.食生活における栄養の偏り
7.頭皮を不潔にしていることによるもの
8.真菌(カビの一種)の感染によるもの
 

脂性のフケは要注意!

フケには「乾性」と「脂性」の2種類あります。乾性は、文字通り乾いたフケで、皮脂の分泌が悪いために粉状になっています。脂性は、脂を含んだしっとりしたフケで、頭皮の皮脂腺が多いだけでなく、皮脂の分泌異常によっても起こります。

脂性のフケが出るという方は、脂漏性皮膚炎になっている疑いがあるので要注意です。脂漏性皮膚炎という病気は、皮脂の量的な異常だけでなく、質的な異常が原因で起こります。皮脂の異常は、発汗機能の異常、細菌による感染症、ビタミンやホルモンの代謝異常、ストレス、接触による刺激などが原因と考えられています。心当たりのある方は、早めに皮膚科で受診されることをおすすめします。
 

かゆみの原因は?

フケが出る時は、かゆみを伴うことが多いようです。かゆみの原因としては、次のようなことが考えられます。

1.頭皮を不潔にしていることによって、細菌が繁殖したとき
2.頭皮を強く洗うことで、頭皮に余計な刺激を与えて傷つけ、さらには爪の中の化膿菌や大腸菌が傷口から入り込んでしまう
3.髪の洗い過ぎで皮脂が不足し、乾燥してしまう
4.シャンプー剤やパーマ・カラー液などヘアケア剤の刺激による皮膚炎
5.シラミなど寄生虫による感染症
 

フケとかゆみの対処法

フケ・かゆみの対処法
頭皮の血行が良いとトラブルのない健康な頭皮になれます。通勤中などに顔ヨガを実践してみては?
フケは抜け毛の原因になることもあります。「いずれおさまるだろう」と放っておくと、健康な髪を生み出す土壌(=頭皮)を傷める原因になってしまうことも。早めの対処が大切です。

1.フケ・かゆみの原因を探る
→ 当たり前のことではありますが、原因を作らないことが一番の対処法です。

2.湿疹などの症状が出ていれば、皮膚科に相談する
→ 赤みを伴うかゆみは湿疹の可能性があります。薬でなければ治らないものもありますので、早めに皮膚科へかかってください。

3.シャンプーの回数を減らしてみる、シャンプーを見直してみる
→ フケやかゆみがあるからといって、シャンプーをし過ぎると、かえって悪化させる原因に。1~2日に1回で十分です。また、頭皮にマッチしていないシャンプーを使っている可能性も考えられます。低刺激のものや、真菌の繁殖をおさえるものなど、いろいろなシャンプーが発売されていますので、一度、見直してみるのも良いでしょう。

4.ヘアケア剤はかゆみが落ち着くまで使用を控える
→ シャンプーやトリートメント、ヘアスプレー、パーマ・カラー液などのヘアケア剤は、頭皮に刺激を与えてしまうので、控えましょう。お湯で洗ったり、低刺激のアミノ酸系シャンプーを使ったりすることをおすすめします。白髪が気になり、どうしてもカラーリングしたい時は、一時染毛剤を使いましょう。

5.薬以外のものは、できるだけ頭皮に付着しないように注意する
→ シャンプーはよく洗い流し、トリートメントは頭皮ではなく、髪につけるようにしましょう。

6.顔ヨガやマッサージで頭皮の血行を良くし、頭皮全体に栄養が行き渡るようにする
→ 頭皮の血行が良いと、新陳代謝が活発になり、細胞分裂が活発に起こります。そうなることで、フケ・かゆみのない健康な頭皮に生まれ変わっていきます。毎日の生活の中で、頭皮の血行を良くするための時間を持ちましょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。