電子レンジで簡単に、豆乳茶椀蒸しを作る

所要時間:15分

カテゴリー:サブのおかず茶碗蒸し

 

豆乳使用で、出汁不要の茶わん蒸し

蒸し器で作るのと、時間的にはあまり変わらないのですが、 手順は、電子レンジの方がずっと簡単です。 出汁もスープも使わずに作る、豆乳茶わん蒸しのレシピをどうぞ。

豆乳茶椀蒸しの材料(2人分

豆乳茶わん蒸しの材料
Lサイズ1個(中身55cc)
豆乳 165cc
ハム 1枚
アスパラガス 1本
とうもろこし 大さじ2
小さじ1/3
こしょう 少々

豆乳茶椀蒸しの作り方・手順

豆乳茶わん蒸しの作り方

1:ハムとアスパラを切って、コーンと共に器に入れる

ハムとアスパラを切って、コーンと共に器に入れる
ハムは4つに切る。アスパラは根元5cmの皮をむいて斜めに切る。 ハムの代わりに鶏ササミを使っても良い。その際は、斜めに切ってしょうゆ少々をまぶす

2:

レンジ対応の器に、ハム、コーン、アスパラを入れる。 マッシュルームやブロッコリーも合う

3:

卵をよくほぐして豆乳を加える。塩とコショウを加えて混ぜる。

4:2つの器に流しいれる

2つの器に流しいれる
2つの器に等分に流しいれる。

5:水で濡らしたペーパータオルで蓋をする

水で濡らしたペーパータオルで蓋をする
水で濡らしたペーパータオルをかぶせる。 水を絞らずにかぶせる。

6:電子レンジの弱で11分加熱する

電子レンジの弱で11分加熱する
レンジのターンテーブルの対角線上に置いて、弱(200℃)で11分ほど加熱する。

7:

取り出して、スプーンの背で軽く押してみる。見た目固まっていなかったり、押すと卵液が出てくるようであれば、更に1分加熱する。

ガイドのワンポイントアドバイス

豆乳くささは感じません。豆乳の自然な甘味は残ります。出汁を使わずとも、旨味たっぷりです。表面はやや固めな感じですが、中はなめらかです。簡単なので、具を色々替えて作ってみてください。火が通り難いものは下ゆでするか、電子レンジで加熱してから作るとうまくいきます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。