<<前へ

ITプロのスキル体系「ITSS」


ITSSをご存知でしょうか。ITSSは、2002年に経済産業省が発表した「ITエンジニアのスキルレベルを職種・専門分野ごとに定めたもの」です。最近では、IT業界内で、自己スキルの評価や人材育成の方針などにも活用されています。今後、業界標準としてますます浸透するのは間違いなく、IT業界で生きていくのなら無視することはできません。

このITSSでは、下表のように、11の職種を定めています。
職種仕事の内容
マーケティング製品やサービスの市場動向を分析、販売戦略の立案
セールス顧客の課題解決や製品の提案、戦略の策定や企画
コンサルタント課題解決の助言・提案、戦略の分析・企画
ITアーキテクトソリューション設計、システムアーキテクチャ設計
プロジェクトマネジメントプロジェクト計画・管理
ITスペシャリストシステム部品の開発・導入
アプリケーションスペシャリスト適用業務の開発、業務パッケージの適用
ソフトウェアデベロップメントソフトウェア製品の企画・開発
カスタマサービス顧客先でのハードやソフトの導入・保守
オペレーションシステムやネットワークの運用・監視
エデュケーション研修の企画・教育


このシリーズでは、ITSSを参考にしながら、ネットワークやデータベースなどITプロ別に、必要なスキルやキャリアパス、有効なIT資格を考えていきたいと思います。

次回のVol.2「ITプロのキャリアパスを盗め!」では、ITSSが公開しているキャリアパスをご紹介します。

*IT関連の資格関連リンク*
「プロになる」IT資格ガイドVol.2 ITプロのキャリアパスを盗め!
「プロになる」IT資格ガイドVol.3 エントリレベルのおすすめIT資格
「対決!国家資格 VS ベンダー資格」
自分にあったIT資格を探す

*AllAbout関連リンク*
ITSS解体新書[ITプロフェッショナル]
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。