役立つ資格=役立たない資格
履歴書に書ける資格をいくつも持っていても何の戦略も無く書くだけではデメリットとなることもあります。書き方を工夫して最大の効果を狙いましょう!
「履歴書に書ける資格、○○を取ろう!」とは、資格PRのうたい文句のひとつ。ところが、実際には「この資格は履歴書に書けます・書けません」という明確な決まりごとがあるわけではありません。
履歴書の資格欄を生かすも殺すも、すべてのポイントは資格の書き方にあるのです。今回は、書き方次第で立派な自己プレゼンツールになる、履歴書資格欄の活用方法をご紹介します!

まず、「履歴書に書ける資格」とは、どんな資格のことを言うのでしょうか? 一般的に考えられるのは、下記のような資格です。

・国家資格、公的資格
税理士、不動産鑑定士、社会保険労務士、自動車免許など

・希望する業務との関連度が高い資格・検定
経理:簿記、IT:各種ベンダー資格、介護:ホームヘルパーなど

・世間の認知度が高い資格で、ある程度のランク以上の資格・検定
英検なら2級以上、TOEICなら550点以上からが一般的

それなら、この条件に合う資格なら何でも書けば良いか、というと実はそうではありません。
反対に、この条件に合わないからと言って、履歴書に「書いてはいけない」わけでもありません。

企業は「資格欄」で何を判断するのか?

採用側は資格欄の記述から、以下のような事柄を読み取ろうとしています。
・どのような能力、スキルがあるか
・どんな分野、職業を志向しているのか
・能力開発、自己啓発の意欲はあるか

これを踏まえて、資格欄の活用方法についてケース別に解説します。

持っている資格の分野がバラバラで一貫性が無い。こういうのはダメ?

複数の資格を持っているのは良いけれど、「英検2級」「消費生活アドバイザー」「宅建」と分野はバラバラ。これでは、採用者側へのアピール効果はかなり疑問です。なぜなら、採用者側にとっての「資格欄」はあなたの能力、スキルを確認するだけでなく、あなたが「何をやりたい人なのか」「どんな職業を志向している人なのか」を知るための情報源のひとつだから。

これまで取得してきた資格の分野がバラバラということは、あなたのキャリアに対する志向性や計画性が感じられないということ。「うちで何がやりたいのかよくわからない」となる可能性大。資格を取ること自体が目的の「資格マニア」と受け取られ、資格取得にかけたせっかくの労力が、きちんと評価されないこともあります。

■そこでアドバイス
まず資格選びの段階から「何のための資格か」を考えて、一貫性のある資格の取得を心がけるのが一番。とはいえ、目の前には、脈略の無い資格が並んでいる……というあなたも、がっかりすることはありません。

ここでも大切なのは、その資格を「何のために取ったのか」ということ、そして、実際に取ることにより、自分が何を身に付け、それが今後の仕事にどのようにプラスになるか、ということを整理しておくことです。

たとえば、今まで取った資格の取得理由が業務上、必要不可欠だったからだとすれば、業務に必要な知識やスキル、資格に関しては、積極的に身に付けてきた実績としてアピールし、「ゆえに、全く新しい分野の御社での業務に関しても、同様に意欲的に取り組めます!」と繋げることも可能です。
資格の分野に一貫性が無かったり、希望職種と直接つながりが無いということは、裏を返せば、他の応募者には無い強み・個性になる可能性があるということ。したがって、資格欄に漫然と資格名を並べるだけではなく、志望動機欄や特技欄なども活用して、一見関係のない資格でも役に立つことをアピールしましょう!

次ページでも引き続きケース別に資格欄の書き方をご紹介しています。
資格を持っていないという方も必見です!