人気の「あのスキル」を身につけよう! 4万円以内で学ぶ「ホスピタリティ」

イメージ画像です
顧客もうれしい、働く人もうれしい。そんなコミュニケーションを実現する「ホスピタリティ」を学ぼう!
「ロジカルシンキング」「コーチング」「マネジメントスキル」等など・・・好評「ビジネス誌でお馴染みのスキルをお小遣い価格(4万円以内)で学ぶための情報」、今回は、「ホスピタリティ」を取り上げます。(お小遣い=4万円ってなぜ?答えはこちらをご覧ください!)

ところで「ホスピタリティ」って

「親切にもてなす」とか「おもてなしの心」と訳されることもある「ホスピタリティ」ですが、いわゆる「サービス」とどう違うの?と問われると、首をかしげる方もいらっしゃるかもしれません。2004年3月より、ビジネスの現場におけるホスピタリティ(思いやり、もてなし、他人への優しさ)能力を認定する試験としてスタートした「ホスピタリティ検定試験」を主催する、一般社団法人ホスピタリティ機構の定義を見てみましょう。

ホスピタリティとは
ホスピタリティは、思いやり、もてなし、 他人へのやさしさなどを意味することばです。 一人ひとりの個を尊重し、相手の立場を考え、 相手の痛みを感じとれる心のあり方ともいえます。

(「協会の説明」より)

一般に「サービス」では、いわゆる顧客が主、サービス提供者が従というように、その人間関係にははっきりとした上下関係があります。一方「ホスピタリティ」は、このような上下関係にはなく、顧客、働く人の双方が対等、相互信頼の関係の上に成り立つとされ、どちらともが「うれしい」コミュニケーションだと言われます。「ホスピタリティ」が「サービスを超えたサービス」と言われる所以もここにあります。
ところで、思いやり、もてなし、他人へのやさしさを基盤としたコミュニケーションは、サービス業や接客業だけの専売特許ではありません。身につけることによって、誰もが円滑な人間関係を手に入れることができる、それが「ホスピタリティ」なのです。


【掲載情報INDEX】
■2ページ目 無料で学ぶ
■3ページ目 40,000円以内で鍛える&関連書籍


>>いよいよ次ページから「お小遣いで学ぶホスピタリティ」情報を「料金別」でご紹介します!まずは、お財布に嬉しい「無料」情報からどうぞ。