仕事に"活かせない"資格はどんなもの?


今回は「仕事に活かせない資格」について考えてみたいと思います。

そもそも「仕事にいかせる資格」と「活かせない資格」が存在するわけではありません。重要なのは、「自分にとって役に立つのか」という点です。

「仕事に活かせない資格」すなわち、自分にとって役に立たない資格になってしまうのは、
  • 今就いている職種と、直接関係がない「ペーパー資格」
  • 立派な資格だけれど「宝の持ち腐れ」
といったケースです。

「ペーパー資格」になってしまうのは?

「ペーパー資格」は「資格を取ること」が目的になるケースです。
資格の中には、「ペーパー資格」とも呼ぶべき、単に免状がもらえるだけのものもあります。

資格マニア,ペーパー資格

資格をとっただけで満足していませんか?

私のかつてのクライアントに、「資格マニア」「資格オタク」とでも呼ぶべき方がいました。その方は、確かにご自分なりの学習メソッドをお持ちで、効率よく「合格のために必要な知識」を身につけることに長けています。しかし、その方が取得した資格は、分野、難易度、種類ともばらばらで、実際に「仕事に使っている」ものはごくわずかでした。
つまり、その方にとって、大半の資格は「仕事に活かせない」資格なのです。 

「宝の持ち腐れ資格」になってしまうのは?

では、「宝の持ち腐れ」になってしまうケースを考えてみましょう。
最も多いのは「国家資格なら何でもいいだろう、と考えるケースです。

資格を認定レベルから分類すると、以下のようになります。

国家資格 国が認定する資格
  ・業務独占資格
資格を持っていないとその仕事に就けない。例)弁護士
・名称独占資格
有資格者でなくても仕事はできるが、資格取得者には
手当などのメリットあり。例)マンション管理士
公的資格 財団法人や社団法人が認定する資格
民間資格 民間企業などが認定する資格


ただし、国家資格であれば何でもいいか、といえば、必ずしもそうではありません。国家資格は、取得後に「その資格に関連する仕事をしなければならない」わけではありません。

たとえば、私のクライエントのBさんは、「旅行が好き」という理由だけで「一般旅行業務取扱主任者」を5年前に取得しましたが、その後旅行業界に転職はしていません。見る人が見れば「宝の持ち腐れ」状態です。

「仕事に活かせない資格」をとらないために

資格を選ぶ際に持つべき視点は、「『これからのあなた』にとって『役に立つ』ものかどうか」です。この視点が欠けていると、せっかく取った資格が「ペーパー資格」化、「宝の持ち腐れ」化する可能性があります。

車の免許がいい例でしょう。その名の通り「ペーパードライバー」は、みなさんの周りにもたくさんいるはずです。車の免許は、2、30万円のコストはかかりますが、取得すれば基本的に一生、本人確認書類にもなるものですから「ペーパー」であってもよい、と考えることもできます。

しかし、ビジネスパーソンにとって、「資格を取る」ということは、その資格を単に本人確認証として使う、という以上の意味を持たせるべきものだと私は考えます。

それでは、巷で言う「この資格で収入アップ!」がうたい文句の資格はどうでしょう?

確かに、そういった資格が収入増につながるケースはあるはずです。しかし、「あなたの場合」はどうでしょうか?

その資格を使って仕事をしている自分自身が、くっきりとイメージできるでしょうか?

「資格を取る」決断は、少し大げさに言えば、「自分の将来と人生を考え直してみるきっかけ」でもあると思います。流行に流されることなく、冷静な判断をしましょう。

さて、あなたにとって必要なのはどんな種類の資格でしょうか?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。