子どもの頃の習い事の1つとして根強い人気の書道。入試の際に加点されたり、就職の際に有利になるので、学生時代に取得した人もいるのでは。最近、社会人にも人気が高まりつつあります。パソコンの普及とともに手書き文字は減りましたが、だからこそ、お礼状やちょっとしたメモでも手書き文字がきれいだと差がつくことは間違いありません。

きれいな字を書くことで品格をあげることはもちろん、長く働きたい女性にとって、将来自宅で書道教室を開くことも夢じゃない、そんな書道の資格を今回はご紹介します。

書道の資格には、硬筆書写検定、毛筆書写検定の主な検定があります。指導者へは、これらの検定1級を取得するほか、様々な団体が独自に認定する書道師範の資格があります。また現在、海外でもアートとしての書道に注目が集まっており、実力次第で書道家の矢部澄翔さんのようにアーティストとして活躍することもできます。

まずは実用的なペン字から、硬筆書写検定

基本に忠実で読みやすく美しい文字はビジネスでも重宝されます。

基本に忠実で読みやすく美しい文字はビジネスでも重宝されます。

文部科学省後援の硬筆書写検定試験。硬筆とはいわゆるペン字のこと。美しい文字はビジネス上の武器にもなります。1級の合格者には指導者証、認定書が交付され、ペン字の教室などを開くこともできます。ペン字の力を審査し、証明するのがこの検定で年3回の実施。5級・4級・3級・2級・準1級・1級の6つの等級があり、各級とも実技問題と理論問題が出題されます。

試験対策には、協会発行の「硬筆書写技能検定の手びきと問題集(1,550円(送料別途))」のほか、通信講座も充実しています。たとえば、就職に有利な2級をめざす講座では、期間は約半年、受講料も3万円未満と手軽に始められます。

<試験概要>
受験条件:特に制限はなく、何級からでも受験できる。
試験日:年3回
試験内容:理論と実技
試験実施団体:(財)日本書写技能検定協会

毛筆書写検定

美しい文字はビジネス上の武器に

美しい文字はビジネス上の武器に

硬筆書写検定と同様、文部科学省後援の毛筆書写検定試験。毛筆の力を審査し、証明する検定です。5級・4級・3級・2級・準1級・1級の6つの等級があり、各級とも実技問題と理論問題が出題されます。1級が大学生・社会人程度となっており、草書や古典を読む力や、書道史の知識も求められます。

試験対策には、公式テキストの「毛筆書写検定一・二級合格 実技の手びき(1,650円(送料別途))」のほか、書道教室で学ぶ人が多いようです。

<試験概要>
受験条件:特に制限はなく、何級からでも受験できる。
試験日:年3回
試験内容:理論と実技
試験実施団体:(財)日本書写技能検定協会

毛筆書写検定、硬筆書写検定は履歴書にも書ける実用的な資格。1級取得で指導者への道も。他にもスクール独自で指導者として、書道師範の資格を認定しています。

自宅で書道教室を開く!師範の資格を取得するには>>