<<前へ

■試験の出題範囲は?
今まさに、ベータ試験の開催中ということで、試験内容がまだ確定していないようです。

公開されている情報から推測して、試験内容は表のようになると、ガイドはにらんでいます。Windowsのパーソナルファイアウォールや、セキュリティパッチ、最近公開されたセキュリティ分析ツールのMBSA(Microsoft Baseline Security Analyzer)は特に要注意ではないでしょうか。

間もなく、詳細の発表があるものと思われます。今後のマイクロソフトのホームページに注目しましょう。

■取材結果について、久保さんの感想
最後に、久保さんに、今後の期待感をうかがいました。

-- MCAセキュリティについて、今後、期待したいことは?

「MCAセキュリティは、既存のMCA資格の基礎となるものなのですね。今後は”使う側”にもある程度の知識を要求される厳しい状況になりそうなので、”管理者から利用者まで”受験者層がさらに幅広くなるのは嬉しいですね。」

「ただ、まだちょっとレベルが高いかな? という印象を受けました。私個人としては、多分一番多いであろう、自分たちのような”利用者のグループリーダー等ではない、ごくごく一般的なパソコンユーザ”を対象としたレベルの試験も今後出来ることを期待しています。」

「雑誌やwebサイトで解説されているとおりに、あるいは他の人に教わるとおりにセキュリティの設定やWindows Updateをするだけよりも”なぜそのような設定が必要か?”の意味を少しでも知っているほうが、ウィルスなどの情報に対してむやみに惑わされたり怖がったりしなくて済むと思うのです。今は始まったばかりということで、どんな試験になるのか、動向を見守っていきたいです。」



MCAセキュリティ。マイクロソフトが主催する初のセキュリティ資格試験ということもあり、今後に、ぜひ期待したいところです。



=MicrosoftのMCAに新資格が登場!INDEX=

  1. 久保さんへのインタビュー
  2. マイクロソフトへの取材
  3. 試験の出題範囲を予測



*IT関連の資格関連リンク*
新IT資格 e-Biz+ の核心に迫る!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。