ボディケア

「下肢静脈瘤」って何科に行けばいい?症状・原因・手術・治療費用

血管がボコボコと浮き出る下肢静脈瘤。いったい何科の病院に行けばいいのかわかりませんよね?症状や原因をはじめ、治療方法や治療費用、レーザーなどの手術後の注意点などをご紹介します。

執筆者:All About 編集部

下肢静脈瘤とは?

ボコボコが気になったら…
ボコボコが気になったら…

下肢静脈瘤の中でもっとも多いのが、太い血管が浮き出てくる「伏在静脈瘤」です。脚の付け根や太ももの内側、ふくらはぎなどの血管がボコボコになってきます。

リンク: 下肢静脈瘤とは|下肢静脈瘤|東京血管外科クリニック

難治性の皮膚炎は、下肢静脈瘤の疑いアリ
難治性の皮膚炎は、下肢静脈瘤の疑いアリ

湿疹がなかなか良くならない、少しぶつけただけで出血するなどの場合は、下肢静脈瘤の可能性が考えられます。下肢静脈瘤の治療を行っている血管外科へ行きましょう。

リンク: 下肢静脈瘤のレーザー治療!レーザー治療を受けるまで [心臓・血管・血液の病気] All About

放置するとどうなる?

治療方法は?

症状によって様々
症状によって様々

静脈瘤のタイプや状態によって、保存的治療、硬化療法、スリッピング手術、血管内治療(高周波・レーザー)の4つの治療法があります。治療費用は、3割負担で、保存的治療の3,000円から血管内治療の約5万円となっています。

リンク: 知ってください下肢静脈瘤のこと | 下肢静脈瘤の治療法

スリッピング手術後は?

レーザー手術後の過ごし方

すぐに仕事に復帰できる
すぐに仕事に復帰できる

手術の翌日には退院できます。足の突っ張りや痛みがあり、走ることはできませんが、仕事に支障はない程度です。痛み止めが必要ですが、徐々に使用する間隔が伸びていきます。1週間後、経過良好だと入浴許可が出ます。

リンク: 下肢静脈瘤のレーザー治療!一泊二日の治療体験 [心臓・血管・血液の病気] All About

【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で人気のボディケア用品を見るAmazon で人気のボディケア用品を見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    (ミーコ)明日きれいになれる!ビューティ特集&コラム

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます