医師 / 胃腸科・内科の病気 ガイド 今村 甲彦

いまむら たかひこ

医師。日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医。久留米大学病院高度救命救急センターを経て、現在は地域の中核病院で内科診療および内視鏡検査に励む。「患者さんの声に常に耳を傾ける」ことをモットーに、消化器・肝臓領域から風邪、高血圧等の一般内科領域まで幅広く診療を行っている。

活動実績

執筆ガイド記事本数82
メディア掲載実績2

ガイドからの挨拶

こんにちは!ガイドの今村甲彦です。以前は、救急疾患中心の診療でしたが、今は地域の中核病院で、消化器疾患はもちろん、風邪から高血圧などの慢性疾患まで幅広く診療を行っています。また診療の傍ら、腹部エコーや胃カメラ、大腸カメラなどの検査も行っています。

日常の診療を行っていて感じることは、思っていることを言えない患者さんがたくさんいらっしゃることです。ですから、「何かわからないことはありませんか?」「何かご要望はありませんか?」と必ず聞くようにしています。医療用語に関しても、私たち医療サイドが普通に使用していることばは、一般の方にはわかりにくいことも多いようです。患者さんは不安を多く抱えて来院されるので、丁寧でわかりやすい医療を常に心がけています。

消化器の病気を中心に、患者さんと医者との架け橋になれるような、わかりやすく役に立つサイトを目指してがんばっていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

メディア掲載実績

雑誌MONOQLO
テスト特集 いま一番売れている白物家電 加湿空気清浄機のギモン大調査!
2017年12月19日
雑誌MONOQLO
ドラッグストアの処方箋
2016年07月19日

ガイドの新着記事

  • マスクで風邪は防げるか…ウイルス感染防止効果の有無

    マスクで風邪は防げるか…ウイルス感染防止効果の有無

    【医師が解説】風邪やインフルエンザの感染予防法として、マスクをしている人も多いでしょう。しかし、マスクの穴の大きさはインフルエンザウイルスの約50倍。感染予防効果がないと言われるのはこのためかもしれません。「ウイルス」と「マスクの穴」の関係を金魚すくいに例えて、マスクの感染予防率と実際の効果について考えてみましょう。

    掲載日:2020年01月23日医療情報・ニュース
  • 冬に多い食中毒…二枚貝によるノロウィルスに注意

    冬に多い食中毒…二枚貝によるノロウィルスに注意

    【医師が解説】食中毒は梅雨や夏など暖かい季節に多いと思われがちですが、実は一番多いのは冬です。冬の食中毒のほとんどは牡蠣など二枚貝を中心に感染するノロウイルス。ではアワビなどの二枚貝以外の貝はあたることがあるのでしょうか。ノロウイルスについて解説します。

    掲載日:2019年11月22日胃腸の病気