医師 / 胃腸科・内科の病気 ガイド 今村 甲彦

いまむら たかひこ

医師。日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医。久留米大学病院高度救命救急センターを経て、現在は地域の中核病院で内科診療および内視鏡検査に励む。「患者さんの声に常に耳を傾ける」ことをモットーに、消化器・肝臓領域から風邪、高血圧等の一般内科領域まで幅広く診療を行っている。

活動実績

執筆ガイド記事本数82
メディア掲載実績2

ガイドからの挨拶

こんにちは!ガイドの今村甲彦です。以前は、救急疾患中心の診療でしたが、今は地域の中核病院で、消化器疾患はもちろん、風邪から高血圧などの慢性疾患まで幅広く診療を行っています。また診療の傍ら、腹部エコーや胃カメラ、大腸カメラなどの検査も行っています。

日常の診療を行っていて感じることは、思っていることを言えない患者さんがたくさんいらっしゃることです。ですから、「何かわからないことはありませんか?」「何かご要望はありませんか?」と必ず聞くようにしています。医療用語に関しても、私たち医療サイドが普通に使用していることばは、一般の方にはわかりにくいことも多いようです。患者さんは不安を多く抱えて来院されるので、丁寧でわかりやすい医療を常に心がけています。

消化器の病気を中心に、患者さんと医者との架け橋になれるような、わかりやすく役に立つサイトを目指してがんばっていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

メディア掲載実績

雑誌MONOQLO
テスト特集 いま一番売れている白物家電 加湿空気清浄機のギモン大調査!
2017年12月19日
雑誌MONOQLO
ドラッグストアの処方箋
2016年07月19日

ガイドの新着記事

  • 風邪に注射・点滴は効果なし!風邪を早く治す方法

    風邪に注射・点滴は効果なし!風邪を早く治す方法

    【医師が解説】風邪で病院を受診され、解熱鎮痛剤の注射や早く治るようビタミン点滴などを希望される患者さんは少なくありません。風邪のほとんどはウイルスが原因で、抗菌薬は効かず、安静にしていれば免疫力で自然治癒します。風邪の時の注射・点滴の効果と、医師として考える風邪を早く治す方法を解説します。

    掲載日:2018年12月19日感染症
  • 生食用と加熱用の違いは?牡蠣にあたらない方法

    生食用と加熱用の違いは?牡蠣にあたらない方法

    【医師が解説】ノロウイルスが流行する季節に、食中毒の原因としてしばしば挙げられる「牡蠣」。なぜ牡蠣のような二枚貝は食中毒の原因になることが多いのでしょうか? ノロウイルスやA型肝炎などの症状と対策法、また、牡蠣の生食用と加熱用の違いは何か。牡蠣好きのガイドが、牡蠣を食べるにあたっての注意点について医学的に解説します。

    掲載日:2018年12月13日胃腸の病気